ペイント工房 Ruby'sRoom

オーダーペイントのお店です
トールペイントの花とアクリル画の動物の融合で
愛犬をモチーフにした
世界でただひとつのグッズはいかがですか

 

カレンダー

2021年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近の記事

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:るびこママ
>さくらこさん♪
娘へのお祝いありがとうございました。
さすが、Y市にお住まいですね(笑)
パステルのプリンは、Y市の友人に教えてもらうまで
存在を知りませんでした。
長女の高校へ行く道筋にあるので、これからも買ってこれます♪

パリ記、最後までお付き合いありがとうございました。
そうなんですよ、実在の人物なんだけどあまりにドラマチックな生涯だからかな。
タイムマシンがあったら、ぜひベルサイユ全盛期に行ってみたいです。
民衆の暮らしが極貧だったことを思うと辛いですが、貴族にはかなり憧れます。
コミックス、一冊も持ってなかったのですが、今頃欲しくなってきます。

>フランスの風景って、何だろう・・・色が控えめ、上品って言うのかな。
おっしゃるとおり、ども景色も建物もシックな感じです。
オランダもそうでしたが、都会でもしっとりとした空気が心地よいです。
都会では薔薇は少なかったですが、窓辺咲くゼラニウム等の
ピンクや赤が建物を引き立てて綺麗でした!
投稿者:さくらこ
娘さんのお誕生日だったの?
おめでとう!
パステルのプリン、美味しいね!
と言いつつ、まだ3種類くらいしか味わった事がありません。

パリの旅行記お疲れ様です〜。
ヴェルサイユとか、マリーアントワネットって言う固有名詞を聞くと、実在したもの、人、と言うイメージより、ついつい魅力的なフィクションのイメージのが先に浮かんじゃいますよね。
コミックス、残しておけばよかったな〜って後悔した作品です。

フランスの風景って、何だろう・・・色が控えめ、上品って言うのかな。
建物自体がそんな色合いだから、色鮮やかなバラなんかが咲いていたら、さぞかし映えるんだろうな〜って言う感じでしょうか。

実際に見てどうでしたか?


http://blog.goo.ne.jp/nekochan8888
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ