日々随想

札幌・清心館黎明舎で誠の旗の下、空手と武術の研鑚をする黎明書屋主人が夜半に日々の雑感を綴る雑言集。嗚呼、人生、生涯一書生哉。

日新たに、日々新たに、復毎日を黎明と為す。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:月影 椿
運ぶ文
浮つも
公が袂に
黎明舎ゑ
届きしかな

お手続きありがとうございました。

私は居合で摺足が出来るようになった気がします。
投稿者:maekawa
運足ハ浮ズ着ズ。
投稿者:月影
どんな研修生でしょうか?師範にその様な不躾な問いをしたのは(笑)。

足袋と云えば…。
居合で足袋はやはり熟練していないと難しいものでしょうか。

必然的に摺り足が扇になったのか、扇で摺り足をするのが良いのか。

素足で移動するにおいて、いちいち足裏を上げ下げをすれば自分の足が傷つくでしょう。小石や砂等で。

扇の捌きであれば、前の砂なり何なりを避ける事が同時に出来る。
雪深い場所を歩く時は、その様な歩き方になっているかと思います。
でなければ…靴が埋る(笑)。


と、云うのが私の浮かんだ事ですね。

ただ、琉球の舞踊を思い浮かべ、由来はそこかとも考えましたが…扇を使っていたかなぁ…?
と…私には鮮やかな色彩が浮かぶのみでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ