日々随想

札幌・清心館黎明舎で誠の旗の下、空手と武術の研鑚をする黎明書屋主人が夜半に日々の雑感を綴る雑言集。嗚呼、人生、生涯一書生哉。

日新たに、日々新たに、復毎日を黎明と為す。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maekawa
これからも指導助手としてがんばってもらいますけんね!

成長しても覚えているものですよ、印象深い練習や指導者は(笑)。私も第1日目をハッキリ覚えていますから。

剣道は、最初、小学校の同級生のお父さんが教師で剣道の指導をしていた。その友人の家に遊びに行ったら友人が居なくて、お母さんが皆が体育館で待ってるからおいでとと言っているとの伝言を頂いた。のこのこ体育館に行くと・・・その先生が“おお、のぶちゃん、来たかっ”と言いながら新品の竹刀を差し出した。こちらは、何が何だか判らぬままにねその日から“おめぇ〜ん!”となった仕儀だ(苦笑)。

柔道は同級生のネガランナーさんに誘われて。面白そうなのでそのまま入部。初日の受身の稽古で肘や鎖骨あたりが擦り切れて血が滲んだのをハッキリ覚えてますよ(笑)。

空手は・・・菊地師範と二人で体育館に遊びに行ったら先生に捕まった(笑)。次の週から高橋師範を引きずりこんで・・・それは今日まで続いている。

子供たちにはこれからも見聞を広げてもらい、大きな視点で世の中を見て、信念のもとに行動する青年に育ってもらいたいと思う。
投稿者:月影 椿
お疲れ様です。
初めて補佐らしい事をした日でした。

本当に仲良しで。友達というより…。家族みたいですね。兄弟ってこんな感じなのかと。思ってしまいました。

大人になっても。この時を、空間を覚えていてほしいですね。
何時か、思い出してほしいですね。欠片でも。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ