日々随想

札幌・清心館黎明舎で誠の旗の下、空手と武術の研鑚をする黎明書屋主人が夜半に日々の雑感を綴る雑言集。嗚呼、人生、生涯一書生哉。

日新たに、日々新たに、復毎日を黎明と為す。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maekawa
説明ではダブル、トリプルアクションで行っているが、実際は一拍で完結出来るように。脇を締める事、体重を後に残さぬ事。

重心は常に真下・真中にある。これは彼我でも同じ。故に我は最小の力、動きで彼を崩すことが出来る。ここでの大事は体の捌きとなる。

講道館の小谷先生の言葉“柔道の、技の数は多けれど、とどの詰まりは、体の捌きぞ”

これは、蓋し名言ではある。
投稿者:月影 椿
毎日での十文字移動は覚えています。初めはどの足と手が出るのか分らず、ついていけませんでしたが、何時の間にか体が反応していました。

体を割る・落すと云う感覚がなんとなくわかってきました。他の方は使わない独特?の表現ですね。

天地人のなんたるかをまだ得ておりませんが。確固たる意志は持っているかと。思う次第です。

文体におきましては至極光栄の次第であり。
本日、分解のひらめきの中でリンクされた「日常稽古の中で出てくるものであるが何と思う」と問われ、無意識に出た仕草に正解を頂き。我ながらいたく感激しております(笑)。

方向音痴ですが、今後もご指南宜しくお願い致します。
お疲れ様でした。
投稿者:maekawa
そう云えば以前、コメントを自振りしているのでは・・・と疑惑を持たれたことがあったな(笑)。

足技Uは足刀+前蹴りの組み合わせだから時間があれば試すと良い。このコンビは毎日会館の十文字の移動で何度も行っているが、覚えているかな?

真後ろへ体を割って股関節を開放し蹴るのは古式ピンアンの横蹴り(足刀ではない)に感覚的に似ている。そのまま直線的に蹴り込めば後ろ蹴りに近い感じだ。

離合集散は世の常で、全て天地人に拠る。師弟関係や教えも守・破・離は付き物だ(笑)。要はそれを強い意志で主体的に行うかどうか、ではあるな。
投稿者:月影 椿
いつもお疲れ様です。

足技太極はとても気に入りました。
太極よりこれを即座に変化させれるのは、体が自然に覚えている証拠でしょう(上手く回転できるかどうかは別として)か。

今後は肘当てと共に鍛練型として取り入れさせていただきます。

私も師範の担当クラスに向かい、助手としてご紹介与る事など、一年前は想像もできませんでしたが。

運命とは面白いものですね。

そして。文体もまた。似ていると、勝手に実感させていただきますが(笑)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ