日々随想

札幌・清心館黎明舎で誠の旗の下、空手と武術の研鑚をする黎明書屋主人が夜半に日々の雑感を綴る雑言集。嗚呼、人生、生涯一書生哉。

日新たに、日々新たに、復毎日を黎明と為す。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maekawa
Hi、Captain Mario! こんにちは!(konnichiwa!)

This is  Major Commander Maekaw!(笑)

I think that you look so very fine.And I‘m sory I left a e−mail,l coud not reply to you. Becouse the PC & sarver to got maintenance.But,now it is OK!

By the way,did you practice the Kanku−Dai?That is very important Kata(型) of Karate(空手).But most importsnt things that is practic of your sprit.

I know,I feel、you have very highclass sprit & sensibility!

Any way,do the practice!

Over!
投稿者:Mario
Maekawa-sensei!

I try to contact you 5 times, but still no reply from you and Kanshyo! I hope you are OK, I will try to contact you again.

I am very happy to find your blog.

See you soon.

マリオ
投稿者:maekawa
唐詩を創るとなると、これはも至難の技だ。平仄や韻が難しい。自由詩のように漢字を並べれば良いと云うものでも無いし(苦笑)。一々漢和辞書片手にと云うのもサエ無いし。

ある本によると現代中華音で脱落した中国の古い発音が残っているのは日本語だけらしい。漢詩(唐詩)をすらすら創れるためには、上代のと現代の大和言葉が判り、かつ、中華音(現代音でもまぁ、知らないよりは良いらしい)が理解出来ることが条件だそうだ(苦笑)。それか、辞書片手にチマチマやるか(笑)。

そのうえ、節をつけて歌ったときに美しい音でなければならない。唐詩はもともと節をつけて歌っていた(詩吟はその影響か)。

学生時代に焼き鳥道場という飲み屋でたまたま中国語ゼミの連中と一緒になったんだが、その時、S先生が突然立ち上がり中国語の詩を歌い始めた。これには感動した・・・意味は不明だったけど(笑)。

そのお返しにこちらは、ゲーハー高嶋先輩の陣頭指揮の下“乗って乗って音頭”と云うろくでもない裸踊りを丁重にお返し、場内騒然。白兵戦の開始でぁった(笑)。これが、知る人ぞ知る9.21事件である。

次の日、先輩と店に謝りがてら、先輩が忘れたメガネを取りに行ったときの情けないこと。

まぁ、酒の話は良いとして、毎日そんなことばっはしやっているうちに型なんか、全て忘れてしまいそうではあった(笑)。
投稿者:月影 椿
物書きをして身体を動かす。どちらも大好きな居残り。
パパラッチは申し訳ありませんが(笑)。こそっと色々見ております(たまにじーっと笑)。

山中の月  真山民
我愛山中月
烱然掛疎林
為憐幽独人
流光散衣襟
我心本如月
月亦如我心
心月両相照
清夜長相尋

私の突きもいずれはそう見えるといい…などと思い馳せ。
帰路の夜空を見上げ自問…。
まだまだ。
12年かけた後、明月に成りましょうかと。
煙と共にまた馳せる思いを実に。
花咲くその日まで。

漢詩…。創作古語を使う私には、中々難しいものです(笑)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ