日々随想

札幌・清心館黎明舎で誠の旗の下、空手と武術の研鑚をする黎明書屋主人が夜半に日々の雑感を綴る雑言集。嗚呼、人生、生涯一書生哉。

日新たに、日々新たに、復毎日を黎明と為す。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maekawa
Oh,exactly! And・・・

And the other reason that is Kirite real motions.

This is originalmotion of Karate,Yawara,Kenjustu & Kobujustu.

That's very simple & difficult skill.

館長が空手マジックと評したのは“切り手”(斬り手)の用法のことだ。

切り手は古武術独特の技術で現在広く普及している空手道、剣道、柔道など競技武道や体育武道には伝承されていない。

これは拳・剣・柔が一体の古武術に於いて非常に重要な技術の一つである。本館で正確に使えるのは柔術の高段者でもある館長、住吉師範、私だと思う。

技術的な気や気合の運用はこれとともにある。九字法は心法の一つでまた別の運用となる。

また、心持や気概は唯一つ、最初に命を捨てることだ。ましてや武術、兵法者を目指す者は指や耳、手足程度は覚悟することが肝要である。

これが無理ならば体育・競技武道、スポーツ武道として楽しめば良い。それも立派な武道の在り方だ。

武術の全ては向学心の維持と恐怖心の克服、そして克己から始まる。

日、新たに。
日々新たに、毎日を黎明の時と為す。
投稿者:月影 椿
…これですかな?

館長が「カラテ・マジック」と訳した場面は?

「心意気」でしょう。spirit?Disposition?
投稿者:専武方 住吉
そうですね...日本人とは何かと改めて考えさせてもらう良い機会ですね。
「白龍の酒」
当方いつでも結構です(笑
お誘いをお待ちしております。
投稿者:maekawa
こちらこそ!心強い限りです!

それにしても、やっこさんの腕の太いこと、力の強いこと(笑)。スペインでは並み以上だと言っていました(笑)。

あの後、ヌンチャクをやったのですが、彼が振り回したらウレタンのカバーが抜けてすっ飛んで行きました(笑)。入れるのに一苦労、本人もウンウン唸りながら元に戻していました(笑)。

マリやアレの登場は私たちにあらためて日本人とは、人間とは・・・を考えさせる良い契機になりました。この巡り合せに感謝の日々です。

そう云えば、例の白龍の酒、いつ封を切りましょうか?(笑)。
投稿者:専武方 住吉
昨日は重ね重ねありがとうございました。
「寛永通寶」大事に持ってます。
もののふの気概を持って進みたいと思います!

それにしてもマリオ君の真摯な姿勢には頭が下がりますね。日本人以上に日本人らしさを感じてしまいました(笑
またよろしくお願いします!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ