2012/5/16

亀の井別荘で癒されて3  国内で遊ぶ

亀の井別荘に連泊すると、2日目の夕食は、すき焼きか鶏鍋(鶏すき)が選べます。

そこで、両方の鍋を2人前づつ頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します
前菜は、「あまり苦味の強い山菜は、苦手です。」とお願いしたので、少々変更していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
お刺身は、4人前です。地物鯵と雲丹ですが、量の多さにびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
浅利椀

クリックすると元のサイズで表示します
車海老塩焼き

クリックすると元のサイズで表示します
地鶏鍋用の肉とすき焼き用の和牛
食い意地がはっていて、焼いている時の写真を撮り忘れました。
肉の量が多く、野菜もいっぱいあって、大満足でした。

クリックすると元のサイズで表示します
お食事は、お蕎麦にも変えられます。

クリックすると元のサイズで表示します
おしんこ。高菜のおしんこ、美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
デザートのかぼすシャーベット。


2日目の朝食は、洋食を選択しました。
暖かければ、外のテーブルでお食事できます。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、まだ気温が低かったので、室内でいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ジュースと牛乳

クリックすると元のサイズで表示します
ジャムが美味しいのです。鍵屋(亀の井別荘のお土産屋)で売られている人気商品です。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨーグルトの中にかぼすゼリーが入っているので、ほんのり甘くて美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します
モッツァレラチーズとトマトのサラダ

クリックすると元のサイズで表示します
厚切りベーコンとマッシュポテトが美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
オニオンスープ

クリックすると元のサイズで表示します
デザートも毎日変わります。オットー「グレープフルーツにハチミツをかけて食べると美味しい。」
もちろん、そのままで充分甘くて美味しいですよ〜

あっと言う間に、夢の時間は終わってしまうもの。
後ろ髪をひかれる思いでしたが、お部屋の黒電話でチェックアウトを告げて、荷物を取りに来てもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
黒電話、懐かしいですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
チェックアウト後、昼食用にビーフカツサンドを買って、大分空港へ向いました。
空港の展望デッキで発着する飛行機を眺めながら、出発まで過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します
大分空港では、九州のお土産がいろいろ売られています。
そこで、“関あじ棒寿司”を買って帰ってきました。
どうですか?この分厚いアジ。昆布巻きなのですが、まったく、くさみがなく美味しい。
東京ではなかなか食べられないので、次回も絶対買って食べたいです

最後に、
出発前に亀の井別荘の若女将からお土産をいただきました。
羊羹のような和菓子です。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅でお世話になった“山荘無量塔”と“亀の井別荘”は、本当にスタッフが行き届いたサービスを提供してくれる素晴らしい宿です。
おそらく、日本一でしょう。
K氏「由布院の宿で、不満足だったことは少ないです。どの宿もお料理が美味しい。」

由布院には、客をもてなす文化が根付いているみたいですね。
是非、皆さんも由布院へ癒されに行ってみてください。
0
タグ: 由布院 亀の井




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ