2018/11/10  12:17

ヘバーデン結節  病気話・怪我話

どうやらありがたい事に、私はとても元気そうに見えるらしい。

これは習い事の先生では獲得すべき必須項目だ。
完璧な健康(それに越したことはないが)が必要なわけではなく、
健やかさ・・・かな?

実際は年相応にガタがきていて、「既往症」とかの欄には書ききれない。
手術したやつだけ書いてたら、医者的には経過観察の方が大事らしく
ちゃんと書いといてねと注意される。
全部覚えてられないから、新しい先生にかかる時は
既往症をまとめたものをプリントアウトして持っていく。

心臓の手術の時には、既往症やら貰ってる薬やら、
今まで受けた検査やらをまとめたノートを抱いて救急搬送されたら
「おお!これ、このままカルテですね〜。」と、変な褒め方をされた。



最近、私らしくもなく凹んでいるのは、指の関節痛。
ヘバーデン結節(指の変形性関節症)だそうな。

薄いガラスをペキッと割るような、ささやかな鋭い痛みが時々ある。
関節の脇に粟粒のような水疱ができるとそれがピリピリとたまらなく痛い。

他の病気より毎日の作業に響く。
関節が固まってしまえば痛みはなくなるそうだが、
それって、動くの?仕事できるの?

などと落ち込んでたら、こないだ、「手のモデル」の人がこの病気で
密着取材されていた。
ダウン症のお子さんと二人暮らしだそうな。
大変だなぁ。間違いなく、私より大変だよなぁ。

凹んでられないよね〜。
思うように指が動かなくなった時のためのお楽しみを考えなくちゃだね〜。





クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ