2009/9/20  3:36

退院 アオバズク  宮古島


昨日はもうひとつの退院もありました。
こちらも連休明けの放鳥予定が早まり、昨日放鳥となりました。

9月9日の夜に母が緊急手術という事になったあと、15日に亀さんが拾って来たアオバズク。
そんな時だったから、絶対に、絶対に、助かって欲しかった。
野鳥の会のKさんが経過を知らせてくださってたから、順調に治っているらしいのは知っていたが
改めて元気になった姿を見ると、込み上げて来るものがあった。
迅速且つ的確な対応で保護飼育にあたってくださった、野鳥の会のKご夫妻に感謝いたします。

こちらは保護飼育中にKさんが撮ってくださった写真です。

クリックすると元のサイズで表示します



昨日の放鳥では・・・

クリックすると元のサイズで表示します

箱を開けたとたんに飛び出して、10メートルほど滑空。
すいっと急浮上して高い梢に留まった。

クリックすると元のサイズで表示します

見つけられるかな〜? (^◇^)  


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


 
0



2009/9/24  23:45

投稿者:無有

Y伊藤さん、本当ですね〜。
今回、野鳥保護ボランティア・・とかも考えたんですけど
私自身は試験を抱えて、来年の自分が何をしてるかまったく想像も出来ない状態だし
亀さんは「結構面倒なもろもろ」と、相容れない性格だし・・・。
まして我が家には亀さんが拾って来た猫が居るし・・・。

ちょっと自分をセーブしております。

2009/9/24  10:16

投稿者:Y伊藤

いのち をつなぐことなのに,結構面倒なことがあるのですね.
亀さんに見つけられた いのち は幸せだ.無有さんもいるし!

http://urano.web.infoseek.co.jp/

野生鳥獣を保護された方へ。
http://urano.web.infoseek.co.jp/yatyoukyuugo/yatyoukyuugo.htm

野鳥救護の法律
http://urano.web.infoseek.co.jp/kyuugo/kyuugo.htm
いくら法律を読んでも理解できません。
そもそも傷病鳥獣の扱いなんて頭から想定していないのです。考えれば
考えるほどアホらしくなってきました。

2009/9/23  20:20

投稿者:無有

Y伊藤さん、
>無有さん,たまさか人に生まれた側の務め を,立派に果たされましたね!

いえ、たまたま、後ろ半分・・・いや、5分の1ぐらいのお務めです。
ほとんどの大変な所を、野鳥の会のKさんご夫妻が担ってくださいました。
で、『たまさか人に生まれた側の務め』の認識が一番無い亀さんが、
一番の功労者だとは思います。
私だったら、車を走らせている時にわざわざ停めて、
でっかい網を担いで、ふくろうの捕獲に走るかなぁ〜( ̄▽ ̄;) 
絶対、下心のなせる業だと思うけど。。。行動力には脱帽です。

2009/9/21  9:34

投稿者:Y伊藤

あのお目々を閉じることはないのでしょうかねぇ..

今日の朝日新聞のコラムからです.
無有さん,たまさか人に生まれた側の務め を,立派に果たされました
ね! でも,飛び立たれた後のお気持ち,分かる気がします.

http://www.asahi.com/paper/column.html   21日付
▼きょうが命日の宮沢賢治に「なめとこ山の熊」という物語がある。熊
撃ちと熊。殺し殺されるものの交感を描いて切ない。「熊。おれはてま
えを憎くて殺したのでねえんだぞ」。熊撃ちの声は、毎年、多くのクマ
をやむなく捕殺する今の時代に重なって聞こえる
▼顔を合わさずに暮らす。それだけのことが難しい。実のなる木を山に
植えるなど、志ある人が共存の道を探っているが、先は遠い。人の安全
は何より大切だ。一方でクマを守るのも、たまさか人に生まれた側の務
めだと考えたい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ