2009/9/20  0:20

退院 母  家族



9月9日の夜に実家から連絡があって、母が救急車で運ばれたと言う。
落ち着かないままに日が変わった頃、やっとかかってきた電話で
「今から手術という事になった。でも、心配しなくて大丈夫だから。」

弟に「おまえはアホか!」と、言いそうになったが
精一杯、遠く離れた所に住んでる私を気遣ってくれているのが分かるから
自分に出来る事を考えながら手術が終わるのを待った。


腸閉塞だった。
ちょっと前に庭で慌てて転んで、腰をひどく打ったと言っていた。
どうやらそれが引き金になったようだ。
女の人の身体の造りは、妊娠に対応できるようにゆとりを持って造られているらしい。
それが年をとって筋肉が衰えてくると、転んだとかの弾みで内臓を支えきれないで、
こういうアクシデントに見舞われたりするらしい。
母は、ひどい痛みでおなかは切って処置しなきゃいけなかったけど
腸は切らずに戻せたそうだ。
それ以上の詳しい事は分からないのがもどかしいが、
連休明けに・・と言われていた退院が前倒しになり、昨日帰ってくる事が出来た。
きっと「術後が順調だ」という前に、毎日通う父の体調への懸念と、
家族と離れている事への母の不安感が、退院を早めたように思う。

電話で話す母の様子を思うと、これからが大変だ。
同居する弟夫婦の負担も増える。
一緒にいる人が、一番しんどい。

せめて、私は目の前の事を頑張らなきゃなぁ〜って思う。
今、それしか出来ないもんなぁ。



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


 
0



2009/9/23  20:01

投稿者:無有

づみさん、ありがとう。
>自分もそうだったけど
>入院してくれていた方が安心なんですよね
>最近は入院期間が短くってびっくりです

はい。
小さい子供をふたり抱えてる弟のお嫁さんの事を思うと、
大変だろうなって心が痛みます。
でも、網膜はく離をやって、車に乗らなくなってしまった父が毎日病院に通う事を考えると
ここらがぎりぎりかなぁ・・・っともおもいますし。。。

短期間の入院でも、足に力が入らなくて歩けないらしいので、
それがよけい気弱にさせるのかも知れないんですが・・。
家にいれば、いろいろ自分でやろうとするので、きっと回復も早いのではないか?
そう考えるようにしています。

2009/9/23  19:48

投稿者:無有

binnちゃん
>まぁ、確かに出来ることは決まっているというか
>少ないしね
>見守ることも人生よん

年取って、頑固になって、思い込んだ事を自分で否定できなくなってしまうんだよね〜。
「死ぬんとちゃうやろか・・?」とか〜。
父も弟も優しいから、「そんな事無いよ〜」「大丈夫だよ〜」っていう路線だし。
私は自分自身をなだめる時もそうだけど、肯定から入るから
「まあ、人間いつかは死ぬからね〜。でも、今じゃないと思うんだよね〜。」
「人間、死ぬまでは生きているわけだから〜それを、泣いて過ごすか笑って過ごすかだな〜。」
思考回路が母と私は似てるのか、そうやって言うと「そうだよね〜」って言ってくれる。
いつか行く道なんだよね〜。

2009/9/23  19:31

投稿者:無有

バラカさん、ありがとうございます。
>離れてあれこれ思う気持ち、もどかしさ、そして、
>自分は目の前のことをしっかりせねばという気持ち、よくわかります。

どうも私は感情に流されやすい性質らしく、困難に直面した時に
グズグズで駄目駄目になる事が多いです。
弟夫婦も付いていてくれる事だし、南の島でオロオロしてても始まらないしね。。。
何はともあれ、一安心ではあります。(=^▽^=)

2009/9/23  19:14

投稿者:無有

kiyokaさん、ありがとうございます。
>腸を切らずに治って良かったですよ。
>私今年の2月に腸閉塞、腸ねん転で1m切ったから。

そうでしたね。kiyokaさん、大変でしたものね。
母は切らずにすんで本当に良かったです。
でも、本人は腰が痛いのとお腹を切ったのが痛いのとで、
不安が膨らんでしまってて、周りの人間が大変みたいです。

気持ちを強く持つ事、楽観視できる性格、
相反するようだけどこの二つがあるかどうかで大きく違ってきますよね。
側にいてあげたいと思うけど、なかなかね。。。

2009/9/21  20:01

投稿者:づみ

お母様手術されたんですね
退院されてよかったです

でも・・・
自分もそうだったけど
入院してくれていた方が安心なんですよね
最近は入院期間が短くってびっくりです

遠くすんでいると心配も大きいですよね
連絡だけがたよりですものね

2009/9/21  19:29

投稿者:binn

おぉ 退院オメッ!
まぁ、確かに出来ることは決まっているというか
少ないしね
見守ることも人生よん

2009/9/20  19:18

投稿者:バラカ

こんにちは。
お母さまの退院、おMでとうございます。
離れてあれこれ思う気持ち、もどかしさ、そして、自分は目の前のことをしっかりせねばという気持ち、よくわかります。
無有さんのお母様の順調なご回復を、遠くからお祈りしますね。

2009/9/20  11:10

投稿者:kiyoka

おかあさま 退院おめでとうございます。
腸を切らずに治って良かったですよ。
私今年の2月に腸閉塞、腸ねん転で1m切ったから。
私の場合 大腸の手術受けているから腸が癒着したり普段から腸閉塞の軽いのが有って通院で点滴とか入院で点滴等していました。
軽いうちに病院へ行けば点滴で治りますのでおかあさまも気をつけて下さいね。


http://moon.ap.teacup.com/everyday/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ