芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2007/10/30

『天上草原』  映画道

『天上草原』
天上草原/HEAVENLY GRASSLAND

2002年中国(内モンゴル)映画 113分
監督:塞夫(サイフ)、麦麗絲(マイリース)  脚本:陳坪(チェン・ピン)
撮影監督:格日図(グーリートゥ)  音楽:三宝(サンパオ)
出演:娜仁花[ナーレンホア](バルマ)、寧才[ニンツァイ](シェリガン)、古爾斯楞[グアルスーロン](フーズ)、阿云嘎[アユンガ](テングリ)、トゥメン(サロン)




モンゴル族のシェリガンは5年前、仲間のサロンを刺して刑務所に入れられる。出所した彼は、同じ監獄にいた友人に頼まれ、その息子フーズを引き取ってテングリ・タラと呼ばれる草原に帰ってくる。フーズは母親が他に男を作って自分を捨てて以来、心を閉ざして口が利けなくなっていた。シェリガンと5年前に離婚したバルマとシェリガンの弟・テングリは、そんな彼を温かく迎え入れる。慣れないゲルでの生活の中、フーズは除々にテングリに対して心を開いていく。だが、バルマに想いを寄せるテングリは、解放軍に入隊して草原を去っていき、シェリガンも姿を消す。彼が草原で倒れているところを見つけたバルマは一晩中寄り添って看護し、復縁する。サロンは婚礼の行列が草原に立ち寄ることを知り、二人に式を挙げるように言う。一同はダンスを踊って盛り上がる。厳しい冬が到来して草原が雪に覆われた頃、顔にできた火傷の跡を隠す一人の軍人が現われる。フーズやバルマはそれがテングリだと悟って呼び止めるが、また立ち去って行く。春が来て、フーズは学校に通いはじめる。たくましくなった彼は言葉を発するようになる。そんな折、フーズの父が出所したという報せが届く。

モンゴルが舞台の映画ってお話としてはどうということはないのだけど、風景とか独自の風習とかだけでも観る価値があるという気にさせられる。
それに加えて『天空の草原のナンサ』同様、可愛らしい子供の一人でもつければ更に観る気が増すというもの。

中ではシェリガン役のニンツァイさんがこれぞモンゴル族という感じで魅力的。
なお、ニンツァイさんは公開中の『白い馬の季節』で監督デビューを果たし、実生活でもパートナーであるバルマ役のナーレンホアさんと共演している。
これも観に行かないとなぁ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ