芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2007/10/28

ミュージカル『キャバレー』(2回目)  演劇道

名古屋公演、初日に続き楽日も鑑賞。
公演データおよびあらすじは初日を参照のこと。




感想自体は初日と変わらないので変更点のみ。

阿部サダヲさん扮するMCが客席に降りたって「どこから来たの」と聞くシーンでは「あっち」とか「北の方」とかイマイチな答えだったせいか、隣の男性に「寝たら許さないよ」などと毒づいていた。
また、客席にお金をせびりに行くシーンではお客さんが作りもののお金を用意していて、「なに仕込んでのよ。新鮮味がない」と言いつつも、後に通路を通って退場するときにちゃんと受け取っていた。

二幕直前では小松和重さんが木の枝を持って「早く席に着かないとチョコポッキーで突つきますよ」と言いながら客席を徘徊。初日は「私も歌いましたが拍手をもらえませんでした」とボヤいていたが、今回は「私なんかの歌に拍手を頂いて…」と言っていた。

カーテンコールでは阿部サダヲさんから村杉蝉之介さん(サダヲさん、間違えて杉村さんと言ってたが)、森山未來くん、小松和重さん、再び阿部サダヲさんと締めのコメントを押し付け合い。
サダヲさんは中日ファンが集まることと激辛料理で有名な「ピカイチ」に行ったとのことで、「ピカイチな女優」として松雪泰子さんに。ここで東京公演であったという「帰れ」が来るかなと思ったら、「名古屋のお客さんは温かくて…」と普通のコメント。辛い料理を食べてお腹の調子が悪くなったとは言ってたけど。
松尾スズキさんの「妖怪人間ベム」はなし。どうやら初日だけだった模様。
0



2007/11/3  1:48

投稿者:法水

映画ではほとんど出てこないようなんですが、舞台では下宿の管理人とユダヤ人果物商との老カップルのエピソードにも焦点が当てられているところが特に違うようですね。

2007/10/31  21:42

投稿者:ミミズク

私は映画しか観た事ないのですが、ミュージカルは随分ちがうみたいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ