芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2019/1/13

多摩美術大学 演劇舞踏デザイン学科『運命』  演劇道

多摩美術大学 演劇舞踏デザイン学科
第二期生 卒業制作 演劇公演
『運命』


クリックすると元のサイズで表示します

2019年1月12日(土)〜14日(月・祝)
東京芸術劇場シアターイースト
指定S席:3,000円 指定A席:1,500円 セット券:5,000円
上演時間:約72分

作・演出:柴幸男
演出助手:湯川拓哉
美術プランナー:伊従珠乃
美術製作:石橋侑紀、伊従珠乃、太田空見、加藤萌、今野彩花、鈴木あさひ、星祐貴子、山本果歩、渡邊悠
衣裳プランナー:佐々木瑛里、里見柚香、吉村咲輝
衣裳製作:海沼康太、桐原梓実、後藤瑠里、佐々木瑛里、里見柚香、山下純奈、吉村咲輝
照明プランナー:小俣夏海
照明:小俣夏海、加藤芙悠、齋藤桜子、三澤真由
音響:星野大輔(サウンドウィーズ)
舞台監督:石橋侑紀
制作:浅井彩、有馬華穂、カリム詩音、芳野広太郎

出演:
岩田里都(タベちゃん)
伊東明澄(イト)
山本悠(守衛・トリシマ)
LOW KEN HO(留学生・マンプク)
金子満咲(リサ)
竹内亜理沙(ユキ)
久保桃香(マユ)
新井恵理子(ババゾノ)
尾田美帆(シノ)
阿部美月(食堂のおばさん)
西岳(留学生・キタ)
水野由希菜(大学講師・ワダ)
柄本龍杜(ホームレス・フードレス(ミキモト))
村田天翔(食べら例ー)


とある大学。それぞれがちょっと特別な“運命”を背負った人々が、いつもと変わらぬ日常を過ごしていた。タベは、そんな人々の一人。タベの背負った運命は、食べられること。これまで、食べられては生まれ変わり、食べられては生まれ変わるの繰り返し。本能的に食べられるのを恐れる一方で、食べられたいとも思ってたりする女子大生。そしてもう一人。イトの運命は、友食い。小学二年生の時、幼馴染だったタベに噛みついて以来、友人を作らずひっそりと生きてきた。授業もひと段落し、学食へと集まる一同。そこで、タベとイトが再会を果たしたその時、大きな地響きと共に“運命”が鳴り響く!【公演パンフレットより】

昨年上演された第一期生卒業制作演劇公演『大工』(作・演出:柴幸男)に続くベートーヴェン三部作完結篇の一つ。

昨年が「第九」→「大工」だったが、今年は交響曲第三番“英雄”と第五番“運命”がそのままタイトルとして採用されている。ただ、中身はやはりダジャレで、『運命』の方は「運命」→「うんめぇ」ということで食事がキーワードに。
一言で言えば群像劇なのだけど、今一つまとまりがなかったかなという印象。
留学生が「唐揚げ最高!」と言っているのに、言葉が分からずに頓珍漢な返答をする食堂のおばちゃんとのやりとりは面白かった。

なお、柴さんは本作にも出演予定だったが、インフルエンザのため降板とのこと。お大事に。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ