芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2019/1/8

Sun-mallstudio produce『深沢ハイツ302〜もう一つのニュートンの林檎〜』  演劇道

Sun-mallstudio produce
『深沢ハイツ302〜もう一つのニュートンの林檎〜』


クリックすると元のサイズで表示します

2019年1月5日(土)〜9日(水)
サンモールスタジオ
前売・当日:4,000円
上演時間:105分

作・演出:佐山泰三
舞台美術:吉川悦子  舞台監督:吉田慎一(Y's factory)
照明:長沢宏明  音響:佐久間修一  映像:神林裕介
宣伝美術:内田真里苗  当日制作協力:朱沢有香子

出演:
今村美乃[株式会社CESエンタテインメント]:宮本あさみ(ケーブルテレビ局アナウンサー)
那海[レグルスペード合同会社]:南部はるか(あさみの後輩アナ)
春名風花[株式会社プロダクション・エース]:二瓶春子(天才少女)
田名瀬偉年[劇団時間制作]:水野はじめ(302号室の住人)
樋口太樹[東京AZARASHI団]:藤岡次郎(はじめの隣人)
藤岡豊:藤岡豊(次郎の兄)
仁瓶あすか:仁瓶あすか(春子の叔母)
酒井謙輔[劇屋いっぷく堂]:仁瓶謙輔(あすかの夫/深沢ハイツの管理人)
みま:みま(大道芸人)
富沢たかし[ALBA]:深沢教授
映像出演:
藤元英樹:春子の父


ノーベル物理学賞候補が造ったフラクタル構造のマンション
『深沢ハイツ302号室』に起こった時空間の歪み。
この現象こそ新たな素粒子物理学の幕開けであった!
ただし…予期せぬ形でその現象が現れてしまった。
地元・調布ケーブルテレビの人気女子アナが仕事が終わって
いつものように自分の部屋に帰宅すると、
「?!!だ・だ。だれ?!なに!」
その部屋には全く知らない男が生活していた…。【公演チラシより】

10年前に初演され、3回目の上演となる本作。今回は2011年11月11日と2018年11月11日が深沢ハイツ302号室の扉を介して繋がっているという設定に。

フラクタル構造、ワームホール、エキゾチック物質等々、素粒子物理学関係のタームが散りばめられる理系演劇ながら、タイムパラドックスについて特に混乱なく観ることができたのはヨーロッパ企画『サマータイムマシン・ブルース』のお陰か。
別の世界へと移動する際には、プロジェクションマッピングを使用していてスタイリッシュ。
しかし深大寺ヒルズは出来そうにないよなぁ(笑)。

主演の今村美乃さんは地元・熊本のテレビでもレポーターをしているだけあって、冒頭の映像パートは本職さながら。また、役柄としても熊本出身という設定で、同郷の後輩アナ・はるかと熊本弁で話すシーンがまうごつ(とても)可愛か。
はるかぜちゃんこと春名風花さんは昨年観た『想稿・銀河鉄道の夜』の時はジョヴァンニ役だったのでまだ子役のイメージが残っていたけど、今回は大人びていてびっくり。もうすぐ18歳なのね。しみじみ。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ