芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/12/26

連続テレビ小説『あさが来た』第13週「東京物語」(第78回)  『あさが来た』道

原案:古川智映子
脚本:大森美香
音楽:林ゆうき
主題歌:「365日の紙飛行機」AKB48
語り:杉浦圭子アナウンサー

出演:波瑠(白岡あさ)、玉木宏(白岡新次郎)、ディーン・フジオカ(五代友厚)、三宅弘城(亀助)、友近(うめ)、桐山照史(白岡榮三郎)、柏原収史(大久保利通・回想)、野々すみ花(美和)、清原果耶(ふゆ)、中川浩三(三坂)、竹下健人(弥七)、南条好輝(山屋与平)、林家竹丸(天神屋)、笑福亭銀瓶(神田屋)、武田鉄矢(福沢諭吉)、テアトルアカデミー、舞夢プロ、ルート、劇団ひまわり、放映新社、キャストプラン、WAC、Dプロモーション、劇団東俳

時代考証:宮本又郎、原口泉
風俗考証:谷直樹  大阪ことば指導:松寺千恵美  


   


五代はあさから離れ、大久保と飲み干そうと言っていたウイスキーの瓶を手に取る。あさは今度こんなことをされたら「びっくりぽん」と言って投げ飛ばしてしまうと笑う。驚く五代に、こう見えても子供の頃から相撲は強いと四股を踏むあさ。五代は頭を下げ、もう二度とこんなことはしないと詫びる。あさはもし五代が自分のことを男や女の隔てなく友として頼ってくれたのだったとしたら、それは嬉しいことであり、大久保のようにはなれないが五代の心の友になれたらと言う。五代は献杯しようとウイスキーをグラスに注ぐ。永遠の我が友・大久保利通卿に、そして新たな心の友・あさにCheers!と言って飲み干す五代。あさも一気に飲み干し、五大を慌てさせる。酒がどれほどおいしいものかと思っていたが、ちっともおいしいことはないと匂いを嗅ぐあさの姿を見て笑い、やっぱりあさは不思議な人だと言う五代。あさと一緒にいるといつもびっくりさせられ、自然に笑顔になれると五代に言われて戸惑ったあさは帰ろうとするが、立ちくらみがして座り込む。五代が水を取りに行くと、あさは考えてみたら五代のことを何も知らない、今までどんなことをしてきたのか教えてと言う。ひとを喜ばせるようなロマンティックなストーリーは一つもないと話し始めるが、あさはテーブルに伏して眠り込んでしまう。五代はあさに近づき、「君は一番出会うべき人にもうすでに出会っている」と英語で言う。夜、晴花亭。新次郎に連れられてきた亀助は初めてビールを飲む。そこへ美和がやってきて挨拶をする。美和は新次郎に五代とビールを紹介してもらってこの店を開かせてもらったのだと話す。いつかあさを連れてこようかと思っているという新次郎に、それはいけないと釘を刺す亀助。店の奥では山屋ら商人たちが鼻の下を伸ばして楽しんでいる。新次郎はふゆの縁談はまだ決まったわけではないと水を向けるが、亀助はあさのことでじりじりしていると指摘する。お金儲けは嫌いだが、あさが仕事をしているのを見るのは好きだという新次郎はじりじりなんかしていないと否定し、自分がじりじりしているからといって他人のことじりじりしていると言わないようにと亀助をたしなめる。美和はそんな2人を見て「可愛らしい殿方たちですこと」と笑う。そして、東京でもう一晩を過ごしてしまったあさの元にまた新しい朝がやってきた。あさが目を覚ますとうめが横にいる。五代はとっくの昔に出て行ったといううめに説教されたあさは、昨日のことが思い出せないでいたが、思い出している場合ではないと慌てて駅に向かう。途中、街並を見ながら「おおきに、東京はん。おおきに大久保さま。おおきに」と言うあさ。こうしてあさとうめはようやく大阪に帰ってきた。あさは千代に駆け寄り、新次郎に蒸気船に乗り損ねて到着が遅くなったと言う。東京では三坂が大久保の業績を評価するロンドンの新聞の記事を五代に紹介していた。日本人より外国人の方が大久保の価値がよく分かっているという皮肉に溜息をつきつつ、大久保とのやりとりを思い出し、壁にかかっているペンギンの絵を見つめて意を決する五代。時は明治11年。日本にも大阪にもこの加野屋にも大きな変化が訪れようとしていた。あさは新次郎に五代の元に駆けつけて慰めたという経緯を話すが、それよりも牛鍋屋で会ったけったいな人やガス灯の話をしたがる。あさと新次郎も変わろうとしていた。

さてさて年内最後の放送と相成りました。

五代に今度こんなことしたら投げ飛ばすというあさ。五代のことだから、投げ飛ばされてもいいからとまた抱きつきそう(笑)。もっとも、新次郎は最初から投げ飛ばされていましたけど。
ウイスキーで献杯して眠り込み、結局、東京でもう一晩を過ごしたあさですが、五代も上着をかけるだけじゃなくてソファに寝かせるとかしてくれたらいいのに。

一方、大阪では晴花亭なる店がオープン。
この美和という人も本職は何なのか不明な人ですね。
男性客ばかりでしたが、そりゃそうなるでしょうよ。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ