芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/12/23

連続テレビ小説『あさが来た』第13週「東京物語」(第75回)  『あさが来た』道

原案:古川智映子
脚本:大森美香
音楽:林ゆうき
主題歌:「365日の紙飛行機」AKB48
語り:杉浦圭子アナウンサー

出演:波瑠(白岡あさ)、玉木宏(白岡新次郎)、ディーン・フジオカ(五代友厚)、三宅弘城(亀助)、友近(うめ)、柏原収史(大久保利通)、清原果耶(ふゆ)、中川浩三(三坂)、テアトルアカデミー、舞夢プロ、ルート、劇団ひまわり、放映新社、キャストプラン、WAC、Dプロモーション、武田鉄矢(福沢諭吉)、風吹ジュン(白岡よの)

時代考証:宮本又郎、原口泉  風俗考証:谷直樹
大阪ことば指導:松寺千恵美  薩摩ことば指導:井之上淳


   


五代の事務所は東弘成館と言って、大阪にある五代の鉱山業の会社・弘成館の東京屋敷のようなものだった。大阪だけでは手が足りなくなり、東京にもカンパニーを作ったという五代はここだけで200人が働いていると説明する。五代はあさに会わせたい人がいると言い、内務卿・大久保利通を紹介する。驚いたあさは興奮してうめに話しかけるが、うめはソファで眠りこけていた。大久保は五代のことを心の友と言い、「善きあしき、人の上にて身をみがけ、友はかがみとなるものぞかし」という薩摩のいろは歌を披露する。大久保は上着をうめにかけてやりながら、五代とはお互いをかがみとして切磋琢磨してきた仲だと話す。五代の名前が友厚だから友を大事にするのは知っていたというあさに対し、大久保は聞いていた通りの興味深い婦人だと評する。あさが東京に来た感想を話している間、うめは目を覚ます。あさは文明開化万万歳と言いながら、アイスクリンを食べる。大久保は東京は江戸とは何もかも違う、我我が政治、経済、文化の中心地として発展させようとしてきたが、大阪には大阪にしかないものがあると言う。それは古くから商いの街として栄えたという歴史であり、五代は大阪商人の知恵と経験、誇りこそが世界とわたりあえると主張していた。大阪にこの国の未来がかかっているという五代は、大久保が高官の席を用意して呼び寄せても応じようとはしなかった。事態が飲み込めていなかったうめは、大久保の口から内務卿という言葉が出てきて驚く。あさは大久保に五代のことを宜しく頼むと言われて驚くが、いずれは私にも力を貸して下さいという言葉に「任しとくなはれ」と二つ返事で答える。あさは大久保とイギリスの紳士の挨拶であるシェイクハンドをする。あさが大久保が政府にいるなら、日本のこれからは明るいのではという気がしてきたと言うと、五代も「あなたこそこれからや」と続ける。うめは政府の天辺にいる人と鉱山王があさを囲んでいる光景が信じられないでいた。帰り道、五代は大久保があんなに優しい顔をしていたのは久し振りだと話す。3人が歩いていると、ガス灯に火が灯る。85本のガス灯が街頭を照らしていると聞き、提灯とは比べ物にならないと驚くあさ。五代は東京の夜はますます明るくなると言う。あさは新次郎や千代にも見せたいと目を輝かせる。その頃、大阪ではふゆが庭で千代と遊び、新次郎は縁側であさと五代のことで気を揉み、大きく溜息をつく。あさに何も与えてやれず、男として五代に負けてしまっているという新次郎に対し、亀助は勝っているところと言ったら背の高さと家柄だと言う。五代が薩摩の名門の出と聞き、背の高さ以外に勝っているところを挙げられない亀助。するとふゆが新次郎が男として誰かに負けるなんてことはある訳ないと言う。新次郎が家の周りをうろついていたけったいな男を見かけなくなったと話を振ると、亀助は店の男たちがしっかりしてるの見て逃げ出したのだろうと言う。一番心配していたふゆがほっとしたというのを聞き、うまいことやったなと亀助に言う新次郎。ふゆは千代を抱く新次郎を見つめる。その表情を見てふゆの気持に感づく亀助。そこへかのがやってきて新次郎を呼ぶ。部屋でよのは新次郎に手紙を渡す。それを読んで驚く新次郎。新次郎が色色なことにやきもきしている間にも東京のあさは五代に連れられ、東京の新しい名だたるところを見学していた。あさとうめは待ち合わせのために牛鍋屋に入る。そこには福沢諭吉がいて、あさに気づくと本で顔を隠す。あさは待ち合わせの相手を見つける。

五代に大久保を紹介されるあさですが、史実では本当に逢っていたんだろうかと調べてみたら、やっぱりこれはフィクションのようですね。もちろん福沢諭吉も。
そらうめが信じられないのも無理はありもはん(なぜか薩摩ことば)。

大阪でやきもきする新次郎。
背が高い以外、新次郎が五代に勝っているところねぇ…。
うーん、確かにないかも。
そんな新次郎を擁護するふゆ。
ここに至ってようやく亀助もふゆの気持に気づいたようですね。鈍っ!

牛鍋屋で待ち合わせていたのは父・忠興でしょうね。
東京にそれ以外に知り合いがいるとも思えないし。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ