芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/12/19

連続テレビ小説『あさが来た』第12週「大阪一のおとうさま」(第72回)  『あさが来た』道

原案:古川智映子
脚本:大森美香
音楽:林ゆうき
主題歌:「365日の紙飛行機」AKB48
語り:杉浦圭子アナウンサー

出演:波瑠(白岡あさ)、玉木宏(白岡新次郎)、ディーン・フジオカ(五代友厚)、三宅弘城(亀助)、山内圭哉(雁助)、友近(うめ)、桐山照史(白岡榮三郎)、清原果耶(ふゆ)、楠見薫(かの)、竹下健人(弥七)、郷原慧(クマ)、畦田ひとみ(ツタ)、南条好輝(山屋与平)、旭堂南陵(祇園屋)、林家竹丸(天神屋)、笑福亭銀瓶(神田屋)、JEFFI(八五郎)、テアトルアカデミー、劇団東俳、ルート、日芸プロ、木村佳乃(櫛田そえ・回想)、風吹ジュン(白岡よの)、近藤正臣(白岡正吉・回想)

時代考証:宮本又郎、原口泉  風俗考証:谷直樹
大阪ことば指導:松寺千恵美


   


寺での正吉の葬儀の後、加野屋に人人が集まった。弔問客の対応をするよの、新次郎、榮三郎、あさたち。九州の炭鉱にいる雁助にもうめからの手紙が届いていた。加野屋の手ぬぐいを首にかけ、手を合わせる雁助。それから数日後。朝の挨拶をする榮三郎。そこへ五代がやってくる。五代は新次郎に焼香に来るのが遅くなったことを詫びる。貿易のカンパニーを大阪と東京の両方に置き、飛び回っているという五代は正吉と話したいことがまだまだ山のようにあったと残念がる。正吉が最後の一月は店の者以外は誰とも会おうとしなかった、弱っているところを人には見せたくなかったのだろうという新次郎。よのも今度、思い出の場所であるお伊勢参りに行くと言っていると伝える。五代があさのことを気にしていると察知した新次郎は、あさが来月にはまた九州の炭鉱の様子を見に行くと言っていると余裕の笑顔を見せる。後刻。新次郎はあさが千代を炭鉱に連れて行くつもりだと聞いて驚き、よのも母親のくせに何を考えているのかと反対する。よのは世間ではあさのことを炭鉱を爆発させた上に昼も夜も赤ん坊を連れて歩くとんでもない奥さんだと言う輩も多いと言うが、新次郎は正吉が寝られるように夜泣きの激しい千代を連れ出しているだけなのにといぶかしむ。どうしても炭鉱に行くなら千代を置いていくように厳命するよの。あさは千代と遊びながら、炭鉱に行くことを語りかける。そこへ先ほどは肝を冷やしたとうめがやってきて、一番大事なのは子育てだと小言を言う。「なんで女は男のしてることしたらあかんのだす」とかつて父にも言った台詞を口にするあさは、炭鉱を売ってくれた櫛田そえに言われた言葉はよく分かっていなかったが、炭鉱で働くようになってようやくその大変さに気づいたと言う。外で働くということはおなごだからと馬鹿にされてもへこたれないだけではなく、女ということに甘えてはいけないのだというあさの話を聞く新次郎。父が「おなごは引っこんどれ」と言ったのは無理のないことであり、あれはあれで自分のことを思ってくれていたのだというあさにあきれるうめ。働くのはつらいと思っていることかと聞かれたあさは首を振り、今までお家のためやお金のためと思ってきたが、それだけではなく働くことが好きで商いが好きなのだと答える。今は手探りだが、櫛田が言っていたみたいにおなごの商いを広げていきたいと言う。この茨の道をおなごの足で突き進むしかないというあさは、これも全部正吉のお陰だと言う。あさは千代にけったいなお母ちゃんで堪忍なと言いつつ、決意を新たにする。よのは店の招き猫を正吉に見立て、愚痴をこぼす。店先に怪しげな男を見つけた弥七は逃げ出した男を追いかける。その後、亀助はかのから八ちゃんには嫁も子供もいたと知らされる。夫婦仲もいいらしく、ふゆを見初めたというのはガセだった。うめからふゆが面食いだと聞いて笑うあさ。うめは亀助から雁助からの手紙を受け取ると、一人縁側で手紙を読んで微笑む。そして年が明けてあさは大阪と炭鉱を慌しく行き来する毎日を送っていた。家に帰って早速、千代の顔を見に行くあさ。榮三郎から新次郎が五代から大事な用があると言われて出かけていったと聞いたあさは寄合所に向かう。五代は新次郎にあさを東京へ連れて行きたいと申し出る。

怪しげな男、まだ引っ張るか(笑)。

今回は正吉は回想シーンのみでしたが、いや本当にあさがあさらしく振る舞うことが出来たのも正吉のお陰ですよねぇ。そのことがしみじみと分かる回想シーンにまたしても涙。
正吉がいなければ、あさが働くことが好き、商いが好きという気持に至ることもなかったかも知れません。正吉亡き後、あさには更に覚悟が出来たような感じがしますね。
しかしよの、店の招き猫を会話してましたが、連れ合いがなくなったショックでボケた訳ではありませんよね(笑)。

そして来週は東京行きですか。
金八先生、もとい福澤諭吉先生も出てくるようで。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ