芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/6/25

シス・カンパニー『草枕』  演劇道

シス・カンパニー公演
日本文学シアターVol.2【夏目漱石】
『草枕』


クリックすると元のサイズで表示します

2015年6月5日(金)〜7月5日(日)
シアタートラム
全席指定:6,800円

作:北村想  演出:寺十吾
美術:松井るみ  照明:小川幾雄  衣装:前田文子  音響:岩野直人
ヘアメイクデザイン:勇見勝彦  映像:横山翼、大見康裕
舞台監督:瀧原寿子  プロデューサー:北村明子

出演:
段田安則(画工)
小泉今日子(前田卓/那美)
浅野和之(茶屋の老婆/下女/床屋の亭主/中折れ帽の男/卓の父・案山子)
春海四方(観海寺の和尚・大徹)
山田悠介(那美の従弟・久一)


卓(つな)という女の肖像画を描くための力を得ようと、画工は旅に出た。山路を歩いてたどり着いたのは那古井といいう山あいの温泉場。茶屋の婆さんによると、宿の女将は何やらいわくつきの美女だという。画工を迎えたその女主人の名は那美。彼女のどこか謎めいた美しさとぽんぽんと物怖じしない振る舞いに画工はがぜん興味をそそられる。宿に逗留するうち、画工は那美の父の案山子や禅僧の大徹、那美の従弟で洋画を描く久一らと出会う。山中に広がる鏡が池、漂う女のイメージ。画工はこの旅で、本当の「美」を見つけることができるのだろうか。【パンフレットより】

『グッドバイ』に続く日本文学シアターVol.2。
前作と同じく北村想さん&寺十吾さんのコンビにて。

夏目漱石の名作を北村想さんが再構築、『グッドバイ』に引き続いて寺十吾さんが演出。小泉今日子さんはヒロイン・那美とそのモデルとなった前田卓(つな)の二役。
寺十さんの演出作品を観るのは確か初めてだけど(生では)、結構舞台を大きく使っていて意外だった。画工が山路を歩く冒頭のシーンでは客席も使用。

因みに前田卓については北村想さんに関する著作もある演劇評論家・安住恭子さんが本を書いていて和辻哲郎文化賞を受賞しているのだけど(パンフレットにも寄稿)、やはりそれがインスピレーションになったもよう。
一度、原作も読んでみないとな…。

中では能年玲奈さんもブログに書いていたけど、5役をこなした浅野和之さんはほとんど出オチでちょっと反則だよなぁ。

上演時間1時間20分。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ