芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/6/15

『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』  映画道

『ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』
Get on Up

2014年アメリカ・イギリス映画 139分
監督・製作:テイト・テイラー
製作:ミック・ジャガー
原案:スティーヴン・ベーグルマン
原案・脚本・製作総指揮:ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット  編集:マイケル・マカスカー
美術:マーク・リッカー  衣裳:シャレン・デイヴィス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:チャドウィック・ボーズマン(ジェームズ・ブラウン)、ネルサン・エリス(ボビー・バード)、ダン・エイクロイド(マネジャー・ベン・バート)、ヴァイオラ・デイヴィス(母スージー・ブラウン)、レニー・ジェームズ(父ジョー・ブラウン)、オクタヴィア・スペンサー(ハニーおばさん)、フレッド・メラメッド(キングレコード創設者シド・ネイサン)、クレイグ・ロビンソン(サックス奏者メイシオ・パーカー)、ジル・スコット(妻ディドレ・“ディーディー”・ブラウン)、ジョシュ・ホプキンズ(プロデューサー・ラルフ・バス)、ブランドン・スミス(リトル・リチャード)、チカ・サンプター(歌手イヴォンヌ・フェア)、アウンジャヌー・エリス(歌手ヴィッキー・アンダーソン)、タリク・トロッター(サックス奏者ピーウィー・ハリス)、アロー・ブラック(フェイマス・フレイムズのギター・ナフロイド・スコット)、キース・ロビンソン(ベイビー・ロイ)、ニック・エヴァーズマン(ミック・ジャガー)、ジャマリオン・スコット(少年時代のジェームズ)、ジョーダン・スコット(同)


  


アメリカ南部の貧しい家に生まれたジェームズ・ブラウンは、両親から捨てられ、不遇の少年時代を送った。貧しさから盗みを働いてしまい刑務所に入った彼は、そこでボビー・バードと出会う。二人はゴスペル音楽を通じて唯一無二の親友となっていった。出所後、ジェームズは本格的に音楽の世界に踏み込んでいく。非常に強い上昇志向を持ち、理不尽な差別ともぶつかり合いながら革新的な道を切り拓き人気を集めていく。キング牧師が暗殺され暴動の機運が高まる中、周囲の反対を押し切ってライブを開催し黒人たちをまとめた彼は、黒人解放運動の活動家としても注目されるように。独自色を強めていった彼のソウル・ミュージックの中からファンク・サウンドが生まれ、音楽に革命をもたらしていった。一方で破天荒なジェームズは彼を捨てた実母をはじめミュージシャン仲間や家族らとも衝突。ついにボビーも彼のもとを去っていく。【「KINENOTE」より】

ファンクの帝王ことジェームズ・ブラウンさんの生涯を描いた伝記映画。

ジェームズ・ブラウンさんについては名前はもちろん知っているし、「ゲロッパ!」は日本でもお馴染みだけど、その生い立ちや経歴についてはほとんど知らなかったなと改めて感じた。
外見は大人だけど心は子供という演出は『しあわせはどこにある』にも出てきたけど、まさにJBは子供の心のまま大人になったという印象。しかしトイレを勝手に使われたからってライフルをぶっ放して警察とカーチェイスってすごすぎるな(この事件で逮捕されて3年間の刑務所暮らしを終えた後の最初の仕事が日清のカップヌードルのCMだったらしい)。
恥ずかしながら名前を知らなかったけど、JBの才能を見出し、長年支え続けたボビー・バードがいじましい。「Sex Machine」で「ゲロッパ!」の合いの手を入れたり、マントショーでJBにマントをかけていたのはこの方だったのね。
それにしてもJBは偉大だな。ミック・ジャガーさん(本作の製作。本篇にも若き日のミックが登場)、清志郎さんにも、『あまちゃん』にも影響を与えているのだから(分かる奴だけ分かればいい)。まさに生まれながらにしてのフロントマン。楽曲を作る上での苦悩はほとんど描かれていなかったけど、実際もそうだったんだろうか。

チャドウィック・ボーズマンさんは『42』でのジャッキー・ロビンソンに続いて実在の人物を好演。まさにミスター伝記映画。若い時は知らないけど、喋り方とかこんな感じだったよなぁ。


★★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ