芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/6/14

『幕末高校生』  映画道

『幕末高校生』

2014年日本映画 108分
監督:李闘士男
脚本:橋部敦子  原案・協力:眉村卓「名残の雪」
音楽:服部隆之
撮影:藤石修  美術:松宮敏之  照明:沢田敏夫  録音:松陰信彦
編集:宮島竜治  音響効果:大河原将  助監督:増田伸弥
記録:北濱優佳  進行主任:森洋亮
主題歌:ナノ「INFINITY≠ZERO」
出演:玉木宏(勝海舟)、石原さとみ(川辺未香子)、柄本時生(高瀬雅也)、川口春奈(森野恵理)、千葉雄大(沼田慎太郎)、佐藤浩市(西郷隆盛)、谷村美月(慎太郎の同居人・千代)、吉田羊(海舟の妻・民子)、石橋蓮司(蕎麦屋・長英)、伊武雅刀(町奉行・大崎則篤)、嶋田久作(商人・薩摩屋)、柄本明(陸軍副総裁・柳田龍三)、篠井英介(徳川慶喜)、山崎銀之丞(火消し「を組」頭取・新門辰五郎)、中村育二(徳川家臣柳田一派・木下長行)、隆大介(西郷の側近・山下利蔵)、宇梶剛士(東海道先鋒隊隊長)、高杉亘(幕府軍隊長)、渡辺邦斗(柳田一派・宮川八郎)、平間壮一(火消し)、北島美香(慎太郎の母・沼田容子)、菅原大吉(奉行所役人)、井上肇(柳田一派・神田尚志)、真島公平(佐竹正邦)、あべまみ、渡辺凱、芹沢礼多、上野秀年、浅田祐二、川鶴晃裕(勝家下男・達治)、床尾賢一、内藤邦秋、櫻井忍、三浦憲世、石川栄二、井上久男、金子栄章、花田昇太朗、加藤寛治、真木莉那、金井未希(柳田の女中)、津川マミ(同)、小林茉利江(同)、濱田帆乃果(蕎麦屋の小女)、谷口高史(網元)、三谷昌登、福本清三(幕府軍)、笹木俊志、小谷浩三、田井克幸、浜田隆広、高橋弘志、山口幸晴、木村康志、本山力、杉山幸晴、山田永二、小泉敏生、松永吉訓、鎌森良平、吉田輝生、重伸幸、宇野嘉高、清家一斗、稲田龍雄、野々村仁、太田雅之、奥深山新、越中晃一、徳田忠彦、北村友希、加藤正記、大石昭弘、仲野毅、中島崇博、夏山剛一



   


高校教師・未香子は生徒たちと『体感ヒストリー江戸時代』というもので1868年幕末の江戸へタイムスリップ。しかし教え子の恵理や慎太郎とはぐれ、雅也とともに幕府に捕えられ、陸軍総裁・勝海舟に預けられる。その頃新政府軍と幕府軍との間で戦いが始まろうとしており、勝は無益な戦いを回避できるような道を模索していた。歴史教師の未香子は和平交渉が持たれ江戸城は無血開城すると言うが、薩摩軍総司令官・西郷隆盛のもとへ送った和平の使者からの返事はまだ来ていなかった。本来ならすでに西郷からの使者が到着しているはずなのに来ていないということは、歴史が変わろうとしているのではないかと思いいたる未香子。薩長軍は江戸へ着々と歩を進め、時流は戦へと向かっていた。未香子は恵理や慎太郎を探し、勝は彼女らの未来を守るために奔走する……。【「KINENOTE」より】

2度にわたってドラマ化された「名残の雪」を原案にして映画化。

この程度の作品だろうなぁと思って、やっぱりその程度の作品だったという好例。
石原さとみさんはつくづく作品に恵まれていない。
谷村美月さんも役不足もいいところ。せっかくこの2人が直接共演するシーンもあるというのに。
映画館で観ていたら爆睡間違いなし。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



2015/6/27  23:36

投稿者:法水

いや、別に呼んではいませんが…やっぱり寝ました?w
ドラマ版はちゃんと見てなかったんですよねー。

2015/6/20  15:39

投稿者:Gershwin Melody

>映画館で観ていたら爆睡間違いなし。

 呼んだ?

 フジのドラマ版はラストの仕掛けが号泣モノだっただけに残念過ぎる…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ