芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/5/30

『新宿スワン』  映画道

『新宿スワン』

2015年日本映画 139分
監督:園子温
脚本:鈴木おさむ、水島力也
原作:和久井健 『新宿スワン』(講談社『ヤングマガジン』刊)
撮影:山本英夫  美術:磯見俊裕  編集:掛須秀一
音楽:大坪直樹
主題歌:MAN WITH A MISSION「Dive」 挿入歌:UVERworld「Collide」
出演:綾野剛(白鳥龍彦)、山田孝之(南秀吉)、伊勢谷友介(バースト幹部・真虎)、沢尻エリカ(アゲハ)、金子ノブアキ(ハーレムNo.2・葉山豊)、深水元基(バースト幹部・関玄介)、山田優(ママ・涼子)、豊原功補(バースト社長・山城神)、吉田鋼太郎(天野会長)、村上淳(バースト本部長・時政)、真野恵里菜(栄子)、丸高愛実(関の女・梨子)、久保田悠来(龍彦の同期・洋介)、安田顕(ハーレム社長・松方孝)、今野杏南(風俗嬢)、森田彩華(キャバ嬢)、エリイ[Chim↑Pom]、尾畑美依奈(龍彦がスカウトした女)


  

親にもツキにも見放され、帰る電車賃もない白鳥龍彦は、野心を抱えて新宿へ。チンピラたちに絡まれ大乱闘になったところを助けてくれた真虎に、スカウトをやらないかと誘われる。それは幸せ請負人。いい女を探してクラブにホステスを紹介する仕事だ。「俺がスカウトした女の子には必ず幸せだって言わせます!」男と女の欲望が交差するこの街で、龍彦は一端のスカウトマンになることを誓う。真虎が所属するスカウト会社・バーストの一員となり仕事に励む龍彦は、借金を肩代わりしている店長に痛めつけられながら働かされる、切ない目をした風俗嬢アゲハと運命的に出会う。店長を殴り倒しアゲハを店から連れ出したが、彼女には元の店に戻らなければならない秘密があった。そしてその裏には、新宿でバーストとしのぎを削るライバル会社・ハーレムで頭角を現していたスカウトマン、南秀吉の影があった。秀吉は、ハーレム幹部・葉山豊と共謀して多額の裏金を元にバーストを潰して“新宿のテッペン”を狙っており、秀吉の暗躍はやがて歌舞伎町の全スカウトマンを巻き込むバトルへと発展する。歌舞伎町に精通するクラブのママ・涼子から秀吉との因縁を明かされた龍彦は、すべてを終わらせるために、孤立無援の闘いに挑もうとする。【公式サイトより】

和久井健さんの同名コミックを園子温監督が実写映画化。

この映画の宣伝で綾野剛さんをあちこちのテレビで見かけたが、なぜだか園子温監督作品であることをほとんど言わないことが気になっていた。実際、本篇もいつもの"A SONO SION'S FILM"の表示はなく、「あ、これは完全に雇われ仕事だな」と了解。
暴力と性、それだけを取り上げれば園子温監督的要素はあるものの、そこはいたって表面的。もともとこの手の水商売を舞台にしたドラマや映画で面白いと思ったことはなかったので(全国統一とか戦国武将か君はとツッコミたくなる)、園子温監督をもってしてもそれを覆すことはできなかった。
綾野剛さんをはじめとして、キャスト陣はなかなかよかったけどね(特に秀吉にボウリングでいたぶられる深水元基さん)。

ま、この後、公開される『ラブ&ピース』と『みんな!エスパーだよ!』に期待するとしまわすわ。


★★
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ