芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/5/26

燐光群『屋根裏』  演劇道

燐光群『屋根裏』

クリックすると元のサイズで表示します

【名古屋公演】
2015年5月26日(火)・27日(水)
七ツ寺共同スタジオ
前売:3,300円  当日:3,600円

作・演出:坂手洋二
照明:竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)  美術:じょん万次郎
舞台監督:大川裕  衣裳:大野典子  美術協力:加藤ちか
音響:じょん万次郎、内海常葉  音響協力:島猛(ステージオフィス)
舞台協力:森下紀彦  宣伝意匠:川名潤(prigraphics)
文芸助手:清水弥生、久保志乃ぶ  進行助手;長谷川千紗、川崎理沙
制作:近藤順子、鈴木菜子

出演:
円城寺あや(刑事1/素浪人1/死体/息子/青年/戦闘服1)
中山マリ(父/女/婦人/ウメさん)
鴨川てんし(刑事2/素浪人2/戦闘服2)
川中健次郎(中年男/紳士/主任/母/タケさん)
猪熊恒和(兄)
イ・ジュウォン(帽子の男)
東谷英人(ハセガワ/若い男/マッちゃん)
杉山英之(つなぎの男/松葉杖の男)
武山尚史(少年/赤い帽子の若者)
松岡洋子(キャスター/先生)
樋尾麻衣子(若い女/白い女)
田中結佳(女/青い帽子の若者/ぬいぐるみの女)
宗像祥子(少女)
宇原智茂(バイヤー)


狭く天井の低い、閉ざされた空間「屋根裏キット」。これを使って人々は危険な現実から身を守ろうとする。不登校やひきこもりの子供、張り込みの刑事、新撰組の動きを探る素浪人。山では避難小屋に、戦場では防空壕になる。だが、自殺や監禁を引き起こすとして屋根裏は発売禁止となり……。【ハヤカワ演劇文庫『坂手洋二T 屋根裏/みみず』より】

2002年初演以来、国内外で何度も上演されている燐光群の代表作。

本作を観るのはその初演以来だが、テレビで放送された際にも見ているし、戯曲も読んでいるので、そんなに久し振りという感じはしない。
本作のほとんどは屋根裏キットと呼ばれる狭い空間の中で展開される。屋根裏キットで弟が自殺したことを受けて、兄が開発者を探すエピソードを軸に、人や場面が入れ替わり立ち替わり変化していく。
これぞまさに発明とも言うべき舞台で、小さな空間が無限の広がりを見せる。

初演時にはコイズミ首相だった箇所が今回はアベ首相となっており、これが思わぬ皮肉をもたらしていた。とりわけ、「アベが切れた。……日本は鎖国した」「俺たちの国がひきこもった」「在日米軍は沖縄に集め、県に自治権を与え、手を引く」といった台詞には苦笑せざるを得なかった。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ