芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/5/23

『Sweet Eighteen』  映画道

『Sweet Eighteen』
甜蜜18岁

2012年中国映画 85分
脚本・監督:何文超(ヘー・ウェンチャオ)
出演:周文奕[チョウ・ウェンイー](何娜/カナ)、祁琪[キキ](夏虹)、滕飛[トウヒ](カナの恋人・李聰/リ・コン)、鄭爽[ジェン・シュアン](カナの母・張蘭/チョン・ラン)、劉前程(母の恋人・林果)


  


18歳になる少女何那カナは母張蘭チョウ・ランと二人で湘江の小さい町で住んでいる。何那は李聰リ・コンという少年と付き合ってはいるが、恋に夢中になる母の気持ちが理解できなかった。ある日、彼女はバーで仕事をしている夏虹シャアホンという出会う。夏虹に惹かれていく何那はやっと恋の痛みを知るのだった。【公式サイトより】

名古屋初のLGBT系映画祭〈大須にじいろ映画祭2015〉オープニング上映作品。
監督のご厚意で無料にて上映。

LGBT系ということではあったが、同性愛とまでは行かないような少女の憧れにも似た感情が描かれる。
ヒロインのカナは18歳の誕生日、母親の恋人が肩にカモメのタトゥーを入れた女性とキスをしている現場を目撃する。その後、母親が倒れて入院。カナは恋人の行方を探すべくキスをしていた女性・夏虹を問い詰める。カナには1つ年上の恋人がいたが、夏虹との共同生活を送るうちに惹かれていき、自分で太ももにカモメの絵を刻み込む。
やがて別れの時が来るが、カナにとって夏虹はまさにその名の通り、夏の虹のように鮮やかに目の前に現れて、いつの間にか姿を消した存在だったのかも知れない。それでもその記憶はカモメとともに脳裏に刻まれている。
母親の看病のために北京の美術大学への進学を諦め、母校の教師となったヒロインが、バスの中で同級生から誕生日を祝ってもらう姿を見ているシーンが切ない。
監督は妊娠中とのことで来場はされなかったが、自身の経験に基づく部分もあるのか聞いてみたかったな。


★★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ