芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/4/27

『死神ターニャ』  映画道

『死神ターニャ』

2013年日本映画 80分
脚本・監督・撮影:塩出太志
音楽:長澤成啓
出演:芹澤興人(佐々木英雄=死神)、小堀友里絵(谷屋みゆき)、岡田あがさ(ゆき)、竹田尚弘(良太)、松本高士(あいつ)、河嶋健太(健太)、星野祐樹(死神壱)、矢島康美(死神弐)、仁後亜由美(広子)、桜木梨奈(あゆみ)、ほりかわひろき(カメラマン)、小田学(死神参)、萩原正道(疫病神)、香取剛(貧乏神)、長岡明美(お母さん)、箱田友紀(お父さん)、大高健二(店長)、五十嵐さゆり(愛人)、下川邊寿美(死神四)、岡本裕輝(本岡)


  


わたしは最近ついてない。バイトはクビになるわ、彼氏にフラれるわでいいとこ全くなし。おまけに車で変な男をひいてしまって絶体絶命! まぁその男は生きてたんだけど、事故のショックのせいか記憶が曖昧で…「おれは死神」だって。おかしな奴だと思ってたら、誰もいない所に向かって話しかける…ってわたし、疫病神ついてんのかー! どうやらこの男(死神)はハンバーグを食べるために人間になったらしい。ハンバーグ? しかも2日以内に涙を流すことができないと死ぬんだって! さらにさらに! こいつ、過去にやばいことをしでかしたみたい。知らない間にわたしまで組織に追われる羽目に! うわ! 死ぬ前に殺される! 果たして、こいつは無事にハンバーグを食べることができるのか? 涙を流す事が出来るのか? そして、わたしは…どうなっちゃうの!?【公式サイトより】

塩出太志監督、初長篇映画。

冒頭のごく普通の家庭の食卓シーンでお父さんが急に倒れて、娘のあゆみがキッと中空をにらむあたりは出だしとしてはよかったんだけどねぇ。その後、死神壱が死神業(?)に飽きたとかで人間になろうとしてからが今ひとつ。ハンバーグを食べるために、というのもギャップを狙ってのことなのかも知れないけど、あまり面白みはない。
あと、死神のヴィジュアルがちょっと古臭くないかい。


★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ