芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2015/4/21

『風に立つライオン』  映画道

『風に立つライオン』

2015年日本映画 139分
監督:三池崇史
脚本:斉藤ひろし  原作:さだまさし  企画:大沢たかお
撮影:北信康  美術:林田裕至  編集:山下健治
音楽:遠藤浩二  主題歌:さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」
出演:大沢たかお(島田航一郎)、石原さとみ(看護師・草野和歌子)、真木よう子(医師・秋島貴子)、石橋蓮司(熱帯医学研究所所長・村上雅行)、萩原聖人(航一郎の同期・青木克彦)、鈴木亮平(漁師・田上太郎)、藤谷文子(航一郎の同期・児島(青木)聡子)、山崎一(秋島誠一)、中村久美(秋島清美)、ERICK OJIAMBOH(ミケ・ンドゥング)、PATRICK OKETCH、NICK REDING、LYDIA GITACHU、宮田早苗(患者・福田和恵)、大鷹明良(和恵の夫)、ちすん(航一郎の母)、松本穂香(高校時代の聡子)


  


1987年、医師の航一郎はケニアの研究施設に派遣されることになる。アフリカでの医療奉仕活動に身を捧げたシュバイツアーに憧れ医師になった航一郎にとってまたとないチャンスではあるものの、離島医療に従事する恋人の女医・貴子と遠く離れることにもなった。ケニア赴任から半年後、現地の赤十字病院からの1ヶ月の派遣要請を受け向かった航一郎は、次々に運び込まれる麻薬を打たれ戦い重傷を負った少年兵たちの姿に衝撃を受ける。航一郎はこの病院への転籍を志願し、同じ病院に派遣されてきた看護師の和歌子と力を合わせ過酷な状況下でありながら懸命に従事。傷ついた少年たちを温かく包み込む彼は、彼らの良き友、良き師となっていく。そんな中、目の前で両親を殺害され心の傷を負いながら麻薬でかき消された深刻な状態のンドゥングという少年兵が病院に担ぎ込まれる……。【「KINENOTE」より】

さだまさしさんが1987年に発表した楽曲を元に小説化した作品を映画化。

楽曲自体は柴田紘一郎さんという実在の医師がモデル。
物語は2013年東日本大震災直後の石巻市、瓦礫の街に佇む医師ンドゥングがトウモロコシの種を手に「頑張れ、頑張れ」とつぶやいているところから始まる。
そこから1987年のアフリカ・ケニアに遡って航一郎の話に。現在の勝彦や聡子、貴子といった人物が航一郎について語るという設定なのだが、一体誰が話を聞いているのかが最後までよく分からなかった。
それはさておき、話があっちこっちへ行くので、もう少しじっくり腰を据えて航一郎の物語を描いて欲しかった。

石原さとみさんと真木よう子さんというお気に入り女優さんが2人出ているだけでも充分だったのに、最後にちすんさんも出てきてまさに俺得。


★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ