芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/12/28

『百円の恋』  映画道

『百円の恋』

2014年日本映画 114分
監督:武正晴
脚本:足立紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
撮影:西村博光  美術:将多  衣裳:宮本まさ江  編集:洲崎千恵子
音楽:海田庄吾  主題歌:クリープハイプ「百八円の恋」
出演: 安藤サクラ(斎藤一子)、新井浩文(狩野)、伊藤洋三郎(一子の父)、稲川実代子(一子の母)、早織(妹・二三子)、根岸季衣(弁当をもらいにくるおばちゃん)、重松収(青木ジム会長)、宇野祥平(百円生活店員・岡野)、坂田聡(同・野間)、沖田裕樹(同)、吉村界人(同・西村)、松浦慎一郎(トレーナー)


   


32歳の一子は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人の距離は縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める―――。【公式サイトより】

第一回松田優作賞グランプリを受賞した脚本を映画化。

『0.5ミリ』に続いてビバ、安藤サクラ!
本格的なボクシングの動きに女優魂を見た。

ただ、全体的に画面が暗く、役者の表情が捉えられていないのが残念。
特に新井浩文さんなんてまともに顔が写っているシーンの方が少ないのでは。


★★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ