芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/12/26

『寄生獣』  映画道

『寄生獣』

2014年日本映画 105分
脚本・監督・VFX:山崎貴
脚本:古沢良太  原作:岩明均
撮影:阿藤正一  美術:林田裕至、佐久嶋依里  編集:穗垣順之助
音楽:佐藤直紀  主題歌:BUMP OF CHICKEN「パレード」
出演:染谷将太(泉新一)、深津絵里(田宮良子)、阿部サダヲ(ミギー)、橋本愛(村野里美)、東出昌大(島田秀雄)、余貴美子(新一の母・泉信子)、浅野忠信(広川のボディガード・後藤)、國村隼(平間警部補)、北村一輝(市長候補・広川剛志)、豊原功補(SAT・山岸)、大森南朋(フリーライター・倉森/予告のみ)、池内万作(パラサイト・A)、オクイシュージ(中華料理店の主人)、山中崇(辻刑事)、岩井秀人(広川陣営・草野)、佐伯新(パラサイト)、春木みさよ(その妻)、田島令子(田宮の母)、須永慶(田宮の父)、螢雪次朗(教頭)、山谷花純(里美の友人・美術部員)、山中秀樹(ニュースキャスター)、望月理恵(同)、桜井ユキ、奥野瑛太、武田一馬、池谷のぶえ(広川陣営)、牟田浩二


  


謎の寄生生物パラサイトが現れた。パラサイトは人間の脳に寄生し肉体を操り、人間を捕食していく。高校生の泉新一にもパラサイトが近づき脳に寄生しようとするが失敗。パラサイトはやむなく右腕に寄生する。この信じがたい事態を周囲に話すわけにもいかず、新一は右腕のパラサイトにミギーと名前を付け奇妙な共生生活をするうちに、友情のようなものを感じるようになっていく。パラサイトは次々に現れ、新一の幼馴染の同級生・里美にも危険が迫る。人とパラサイトの殺し合いが進む中、高校教師として現れたパラサイトの田宮良子らはそれぞれの考えを持ち始めていた。地球を破壊する人間を淘汰するために生まれてきたというパラサイトに、生き残りをかけ戦う人間たち。価値観が揺らぐ中、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく……。【「KINENOTE」より】

岩明均さんの同名コミックを山崎貴監督が実写映画化。

原作は十数年前に読んだっきりだが、原作の持つテイストをきちんと映像化できているのではないか。もう少しミギーとの関係にコミカルさが欲しいところではあるが(阿部サダヲさんだけに尚更)。
パラサイトが変形して人間を食べていくあたりの描写は、VFX技術が発達した現在だからこそできるもの。結構エグい描写もあってなかなかの出来栄え。

キャストの中では東出昌大さん(祝ご結婚)が一番、原作に出てきそうな顔をしているなぁ(笑)。

なお、「完結編」は4月25日に公開とのこと。4ヶ月も先なのか…。


★★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ