芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/11/27

muro式『2 3 5 7 11 13 17...』  演劇道

muro式.8『2 3 5 7 11 13 17...』

クリックすると元のサイズで表示します

【名古屋公演】
2014年11月27日(木)
青少年文化センター アートピアホール
全席指定:4,800円  当日:5,200円

演出:ムロツヨシ
脚本:ムロツヨシ、永野宗典、本多力(「2 3 5 7 11 13 17...」)、ふじきみつ彦(「11月29日、17時19分〜17時47分」)、上田誠(「ウィンタータイムマシンズ・ハイ」)
映像:大見康裕  音楽:森優太
舞台美術:黒川通利(トランスフォーマー)  舞台監督:森下紀彦
演出助手:山田真実  演出部:鳥飼麻由佳、山崎牧、岡坂みづき
音響:田上篤志(atSound)、井川佳代  照明:伊藤孝(ART CORE)
スタイリスト:森川雅代(factory1994)  衣裳:中島エリカ
大道具:橋本加奈子、大川裕

出演:
永野宗典[ヨーロッパ企画](小比類巻マモルB/画家・平井/後輩)
本多力(小比類巻マモルC/画家の弟/未来人)
ムロツヨシ(小比類巻マモルA/痴漢の冤罪被害者/先輩)


「2 3 5 7 11 13 17...」神様に集められた3人の小比類巻マモル。誰か1人が選ばれることになり、3人は11歳、13歳、17歳、19歳とそれぞれ人生の分岐点を確認していく。
「11月29日、17時19分〜17時47分」電車で痴漢の疑いをかけられたところを助けられた男が、恩人である画家・平井の個展を訪れる。あまりにも率直な感想を口にする男に、平井と腹違いの弟はショックを受ける。
「ウィンタータイムマシンズ・ハイ」コンビニで肉まんを買った帰り、タイムマシンらしきロッカーを見つけた先輩と後輩。2人が2分過去か2分未来に行けるタイムマシンを有効活用する手立てを考えていると、未来人がやってきてクレームをつける。


ムロツヨシさんが作・演出を手がけるmuro式、初の名古屋公演。

表題作を含む3篇のオムニバス。
表題作の数字はもちろん素数なのだが、3人の人物がそれぞれ素数の年齢に起きた出来事を振り返っていくという構成。11歳ぐらいまでは同じような人生を歩んでいたのが、徐々に分かれていく。アドリブシーンでは本多くんが「小比類巻」や「マモル」という名前にちなんだ技を披露。

個人的には2本目の「11月29日〜」がよかった。後で聞けば、この作品のみ台本通りに上演したとのこと(つまり他の2作はアドリブ満載)。確かに一番かっちりしていたかも。
痴漢の冤罪を晴らしてくれた恩人の個展に来たにも拘わらず、どこがいいのか分らない、恩人の個展だからというのでハードルを上げすぎた自分が悪かった、ギャラリーはいいのに絵が台無しにしているなどと正直に感想を述べてしまうキャラクターがムロさんに合っていた。「抽象画だからね」という弟のフォローもいい。

3本目の「ウィンタータイムマシンズ・ハイ」はヨーロッパ企画の『サマータイムマシン・ブルース』が元ネタ。これの映画化でムロさんと永野くん&本多くんが出逢ったのが10年前ということになる。
これから東京公演を観られる方はその映画と、2本目で言及される『それでもボクはやってない』を観ておくといいかも。加瀬亮という名前が出てきても、誰それ?感が半端なかったので。
当然、舞台なので映像的処理が出来ず、役者はあっちへ行ったりこっちへ行ったりと大忙し。未来人がいるという体のロッカーをムロさんが開けようとして、未来人役の本多くんに「正気ですか?」と言われるなど。
3本目の後、再び小比類巻マモルが登場して、最後の決断を待つという趣向。

終演後のカーテンコールは長々と20分ぐらい。
その時の話によれば、今回初の名古屋公演だったが、他の地域が9割方売れているのに名古屋は6割ぐらいしか売れていなかった。ところが、ムロさんが『A-Studio』に出た途端、一気に売れたのだとか。私なんぞはその煽りをくらって、チケットに余裕があるから直前に買えばいいやと高をくくっていたら、2階席しかない状態。仕方なく当日券にしたら無事に1階席だったからよかったけど…。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ