芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/11/22

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』  映画道

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』

2012年日本映画 106分
監督:御法川修
脚本:田中幸子  原作:益田ミリ『すーちゃん』シリーズ
撮影:小林元 照明:堀直之 録音:浦田和治 美術:黒瀧きみえ
装飾:石渡由美 スタイリスト:堀越絹衣、植田瑠里子 ヘアメイク:中西樹里
編集:李英美 スクリプター:長坂由起子 助監督:佐伯竜一 制作担当:大谷弘
音楽:河野伸、カサリンチュ  主題歌:カサリンチュ「あるがままに」
劇中歌:矢野顕子「PRAYER」
出演:柴咲コウ(すーちゃん・森本好子)、真木よう子(まいちゃん・岡村(柿崎)まい子)、寺島しのぶ(さわ子さん・林さわ子)、井浦新(カフェのマネージャー中田誠一郎)、染谷将太(アルバイト店員・千葉恒輔)、木野花(オーナー木庭葉子)、銀粉蝶(さわ子の母・林信子)、風見章子(祖母・林静江)、佐藤めぐみ(好子の同僚・岩井美香)、水橋研二(バイト応募者・高坂ヒトシ)、高部あい(まい子の後輩社員・前田千草)、上間美緒(アルバイト店員・竹田ちか)、吉倉あおい(葉子の娘・木庭みなみ)、佐久間麻由(千葉の姉)、おかやまはじめ(取引先専務)、矢柴俊博(さわ子の同級生・吉田健路)、長野里美(わくいクリニックの皮膚科医)、菅原大吉(まい子の上司)、史朗(写真館の主人)、平沼紀久(まい子の不倫相手・大杉眞人)、川口圭子(好子の母・声)、岡部たかし、牧田明宏(さわ子の兄)、金谷真由美(妻サチコ)、小山颯(息子ハヤト)、ミー太郎(さわ子の飼い猫ミーちゃん)、五辻真吾、岩崎光里(結婚相談所社員)、東加奈子、札内幸太(まい子の後輩社員)、野口卓磨(カフェチェーン店の客)、吉田紗和子(カフェチェーン店店員)、田山楽(不動産会社社員)、榊原美紅(バイトの面接に来た女子高生)、結(アルバイト店員ゆき)、重廣レイカ(同くみちゃん)、長谷川ゆう(フットサルコート)、緒川尊(取引先同僚)、中村日々愛(公園の子供たち)、曽我美月(同)、三谷翔太(同)、藤白すみれ(就職活動中の女子大生)、大坂美優、利倉将太、林蓮大、當麻陽菜、利倉大輔、利倉なつき、今谷フトシ、中谷仁美、この葉、三上愛、横町ももこ、三橋愛永(花屋店員)


  


料理好きで十数年カフェで勤務し、最近では職場の中田マネージャーに関心を寄せているすーちゃん。OA機器メーカーに勤め、実りのない恋愛をしているまいちゃん。母と二人で祖母を介護している、WEBデザイナーのさわ子さん。3人はかつて一緒にアルバイトをしていた仲間で、それから十数年経ちそれぞれの道を歩みながらも、友情は続いている。自分の年齢のことや結婚のこと、お金のこと、これからのことなどを考えると、不安がよぎることもある。これまでに歩んできた道を振り返って、これでよかったのか悩むこともある。それでも3人は小さな幸せに目を向け、今を生きていく。【「KINENOTE」より】

益田ミリさんの『すーちゃん』シリーズを実写映画化。

よくあの絵柄の漫画を実写化しようとしたなと思わないでもなかったけど、内容的には女性たちの本音を描いている部分があるので、ある意味、正解かも。すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんともそれぞれ仕事や恋愛、家族の問題を抱えてはいるが、3人揃ってのピクニックや鍋パーティなどにささやかな幸せを見出し、時折、「わー!」と叫んでやり場のない怒りをぶつける。
中ではそれまで不倫をしていながら、きっぱりと手を切り、結婚相談所で出会った男性と結婚・出産をするまいちゃんの展開が興味深かった。

柴咲コウさん、真木よう子さん、寺島しのぶさんはそれぞれの役割をこなし、助演陣も揃っている。染谷くんも今更、こんな役をやるようなポジションでもないだろうけどね、とりあえず(←マネージャーの口癖。笑)。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ