芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/8/22

『TOKYO TRIBE』試写会  映画道

『TOKYO TRIBE』

2014年日本映画 116分
脚本・監督:園子温
原作:井上三太『TOKYO TRIBE 2』
撮影:相馬大輔  美術:林田裕至  編集:伊藤潤一
音楽:BCDMG
出演:鈴木亮平(メラ)、YOUNG DAIS(出口海)、清野菜名(スンミ)、竹内力(ブッパ)、窪塚洋介(ンコイ)、大東駿介(巌)、石田卓也(キム)、市川由衣(のりちゃん)、叶美香(エレンディア)、中川翔子(KESHA)、佐藤隆太(テラ)、染谷将太(MC SHOW)、でんでん(大司祭)、ベルナール・アッカ(ジャダキンス)、丞威(亀吉)、松浦新(スカンク)、石井勇気(ハシーム)、坂口茉琴(ヨン)、佐々木心音(新米警官)、中野英雄(ベテラン警官)、高山善廣(用心棒)、大方斐紗子(DJ)、山本亨、城明男、山口祥行、北村昭博、深水元基、片山瞳、屋敷紘子、矢吹春奈、サイボーグかおり、三田真央、横山美雪、間慎太郎、舘形比呂一、泉澤祐希、井上三太(レンコンシェフ)


  


近未来の“トーキョー”。そこには様々なトライブ(族)が存在し、若者たちは街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動、乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていたが、ある事件をきっかけにその均衡はもろくも崩れ去る……。ブクロは、ブッバとその息子ンコイ、さらに“ブクロWU-RONZ”のボスであるメラが、政治家をも丸めこんで街を牛耳り勢力を拡大しつつあった。そんなある日、メラはトライブの中でも異常なまでの敵対心を向ける“ムサシノSARU”のメンバー、キムをおびき寄せ、罠を仕掛ける。キムを助けようと“ムサシノSARU”ヘッドのテラ、金属バットを携える熱血漢・海、そして海の親友ハシームは、最危険区であるブクロに乗り込み、メラと対峙する。しかしそこには、キムともうひとり謎の女スンミが囚われていた……。やがてメラが“ムサシノSARU”に仕掛けた戦争はトーキョー中に派生。巌率いる“シンヂュクHANDS”やブッバ一家をも巻き込み、想像を絶する一大バトルが始まるのだった……。【「KINENOTE」より】

井上三太さんの『TOKYO TRIBE 2』を園子温監督が実写映画化。

本文作成中。


★★1/2

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ