芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/6/14

『魔王』  映画道

『魔王』

2014年日本映画 91分
原作・脚本・監督・製作・プロデューサー:天願大介
プロデューサー:今村竑介
音楽:めいなCo.
撮影:古谷巧  美術:小出憲  編集:猿松細人
出演:若松武史(魔王)、月船さらら(中鏡嘉子)、中村映里子(魔王の秘書・梅林みどり)、松浦祐也(野方喜久夫)、りりィ(坂口聡子)、小林麻子(魔王の妻)、井村昂(コック)、渡辺紘文(痩せた男)、鴇巣直樹(デブ男)


   


その男が町に現れたときから異変は始まったのだった。三年ごとに消える。少女たち。奇妙な落書き。毒殺される犬。玄関に置かれたおぞましい物体。世界の終焉に向けて、操られる人々の狂乱が加速していく。焼け焦げた肉の脂、虐待される女、回転する方位磁針−−謎は謎を呼び秘密は渦を巻き、絶望の闇に魔王の哄笑が響きわたる。流れ着いた美女だけが魔王の正体に気づいていた。果たしてこの女、救世主か悪霊の手先か? 女の驚くべき過去が明かされたとき、壮絶な最終決戦がついに幕を開ける!

天願大介監督が自主映画に戻って製作した“なまず映画”第一弾。

天願監督の志やよし。ではあるが、作品自体は……うーむ。
映画館以外で上映するという試みも面白いことは面白いが、やはり映画は観られてナンボという気もする。名古屋ではシアターカフェという普段から映画を上映している場所ではあったが、途中でBlu-rayが止まってしまうというトラブルもあり。

この日は天願監督の弟でプロデューサーの今村竑介さんが来場。


★1/2

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ