芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/4/21

『ワレサ 連帯の男』  映画道

『ワレサ 連帯の男』
WAŁĘSA. CZŁOWIEK Z NADZIEI

2013年ポーランド映画 124分
監督:アンジェイ・ワイダ
脚本:ヤヌシュ・グロワツキ
撮影:パヴェル・エデルマン
出演:ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ(レフ・ワレサ)、アグニェシュカ・グロホウスカ(ダヌタ・ワレサ)、マリア・ロザリア・オマジオ(記者オリアナ・ファラチ)、イヴォナ・ビエルスカ(イローナ)、ズビグニエフ・ザマホフスキー(ナヴィスラク)、ミロスワフ・バカ(造船所所長クレメンス・グニエフ)、マチェイ・シュトゥル(牧師)


   


1980年代初頭のポーランド、グダンスク。レーニン造船所で電気工として働くレフ・ワレサの家に、イタリアから女性ジャーナリスト、オリアナ・ファラチが取材に訪れる。ワレサは、1970年12月の食料暴動の悲劇を語り始める……。物価高騰の中、労働者の抗議行動を政府が武力鎮圧。ワレサは両者に冷静になることを叫び、検挙された際、公安局に協力するという誓約書に署名を強いられる。ワレサと妻ダヌタは、アパートで質素な生活を送っていたが、この事件以降、歴史的転変期の真只中に深く関わり、ワレサは次第に類まれなカリスマ性と政治的感性を発揮していく。ワレサが乳母車に非合法ビラを隠していたため、生後数か月の娘と一緒に逮捕される一方で、ダヌタは家宅捜査を行う公安局職員に対して果敢に立ち向かう。1970年の事件から9回目の記念日、造船所の正門前でワレサは演説しながらリーダーとしての使命を自覚する。1980年8月、彼はレーニン造船所のストライキ指導部のトップに立ち、「連帯」委員長として自由と権利のために戦う反体制の象徴になる。同月31日、共産党政府と労働者の間で、社会主義圏では画期的な政労合意が調印された。しかし1981年12月、戒厳令布告直後、ワレサは住宅から連れ去られ、1年間の軟禁生活を強いられる。ワレサは自由を奪われ、活動家の仲間との接触を遮断される中、政府への協力を求められるが拒み続けるのだった。1982年11月、ソ連のブレジネフ書記長が死去。その直後、ワレサは軟禁から解放され、グダンスクで民衆の熱狂的な歓迎を受け、再び運動に身を投じていく。1983年10月、ノーベル平和賞を受賞、出国を許されないワレサに代わり、ダヌタがノルウェイで行われた授賞式に出席、スピーチを行った。1989年、政権側と反体制である「連帯」、カトリック教会が参加した「円卓会議」で、ワレサたちは勝利する。1989年11月9日、東西ベルリンの壁が崩壊。その6日後、ワレサはアメリカ・ワシントンの米国議会に招かれ、スピーチを行う。彼は「我々民衆は……」と始め、「今度は別の人々が壁を壊すでしょう。自由は人間の権利だからです」という言葉で結んだ。【「KINENOTE」より】

アンジェイ・ワイダ監督、最新作。

世界史の知識としてワレサ(正しくはヴァウェンサだそうで)や連帯といった言葉は知っていても、そもそもどんな人物だったのかについてはほとんど知らなかった。
そのワレサをアンジェイ・ワイダ監督が描くとなれば(『鉄の男』には本人役で出演)期待も高まるが、正直なところ、エピソードの羅列に終始したという印象。
昼夜の関係なく人が家に出入りするようになって、妻ダヌタが堪忍袋の緒が切れてみんなを追い出した後、「あなたもよ!」と夫も追い出そうとするあたりは面白かったけど、こういった夫婦間のエピソードももっと織り込んでもよかったのでは。


★★

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ