芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/4/20

シャガール展  鑑賞道

シャガール展
Marc Chagall Le plafond de l'Opéra

クリックすると元のサイズで表示します

【愛知会場】
2014年4月17日(木)〜6月8日(日)
愛知県美術館
一般:1,400円  前売:1,200円


マルク・シャガール(1887-1985)が後半生に手がけたモニュメント(記念碑的作品)に焦点を当てた展覧会。

第1章では1964年に製作されたパリ・オペラ座の天井画をはじめ、リンカーン・センター内のメトロポリタン・オペラハウスの壁画、オペラ『ダフニスとクロエ』の舞台美術や衣装デザイン、更には実際の衣装までもが展示。
正直、このような仕事をしていたことは知らなかったのでシャガールの新たな一面を知ることが出来てよかった。

第2章ではエルサレムにあるハダサー医療センター附属シナゴーグのステンドグラスのための下絵の他、創世記や出エジプト記など旧約聖書を題材にした版画、タピスリー、彫刻など。
途中、映像コーナーがあり、中に入ると壁に3つのスクリーン、天井に1つスクリーンがあり、天井画やステンドグラス、ニース大学のモザイクなどを追体験できるようになっている。6分ほどの長さだが、これもなかなか面白かった。

第3章は南仏コート・ダジュールに移住してからの作品。
上述のニース大学のモザイクの下絵やブロンズ像、皿、壺、ガラスを組み合わせたような作品も。
最後にはシャガール唯一の公式写真家イジスによる、制作中のシャガールを写した写真が何点か。いずれも貴重なショットばかりで、作品に息吹が吹き込まれていく過程が捉えらえていた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ