芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2014/4/14

『アナと雪の女王』  映画道

『アナと雪の女王』
FROZEN

2013年アメリカ映画 102分
監督:クリス・バック  脚本・監督:ジェニファー・リー
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:アンデルセン『雪の女王』
音楽:クリストフ・ベック
主題歌:イディナ・メンゼル「Let It Go」
声の出演:クリステン・ベル(アナ)、イディナ・メンゼル(雪の女王/エルサ)、ジョナサン・グロフ(クリストフ)、ジョシュ・ギャッド(オラフ)、サンティノ・フォンタナ(ハンス)、アラン・テュディック(ウェーゼルトン公爵)、キアラン・ハインズ(パビー)、クリス・ウィリアムズ(オーケン)
声の出演(日本語吹替版):神田沙也加(アナ)、松たか子(雪の女王/エルサ)、原慎一郎(クリストフ)、ピエール瀧(オラフ)、津田英佑(ハンス)、多田野曜平(ウェーゼルトン公爵)、安崎求(パビー)

【併映】
「ミッキーのミニー救出大作戦」
2013年アメリカ映画 6分
監督:ローレン・マクマラン
声の出演:ウォルト・ディズニー(ミッキーマウス)

  


運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹、エルサとアナ──触れるものを凍らせる“禁断の力”を持つ姉エルサは、妹アナを傷つけることを恐れ、幼い頃から自分の世界に閉じこもって暮らしていた。美しく成長したエルサは新女王として戴冠式に臨むが、力を制御できずに真夏の王国を冬に変えてしまう。城から逃亡した彼女は、生まれて初めて禁断の力を思うがまま解き放ち、雪と氷を自由自在に操り、冬の王国を作り出す。愛する者を守るため本当の自分を隠して生きてきたエルサは、“雪の女王”となることで生きる喜びと自由を手に入れたのだ。一方、妹を守るために姉が払ってきた犠牲と愛の深さを知ったアナは、エルサと王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。アナの思いは凍った心をとかし、凍った世界を救うことができるのか? そして、すべての鍵を握る“真実の愛”とは…?【公式サイトより】

アカデミー長篇アニメーション賞、主題歌賞受賞作。

ディズニー映画を劇場で観るのは一体いつぶりだろうか。
しかも普段なら字幕版を選ぶ私が本作の吹替版を観たのは、松たか子さんと神田沙也加さんが声の出演をすると知ったからに他ならない。というわけで、この2人の歌を堪能できれば、ストーリーはどうでもよし(笑)。
まぁ映像的にもそれなりに楽しめたかな。


★★1/2

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ