芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2013/11/13

ワールドグランドチャンピオンズカップ2013 2日目  観戦道

ワールドグランドチャンピオンズカップ2013
WORLD GRAND CHAMPIONS CUP 2013

【女子名古屋大会】
2013年11月13日(水)
日本ガイシホール
アリーナSS:10,000円 アリーナS:8,000円 スタンドS:7,000円
スタンドA:5,000円 スタンドB:3,000円 スタンドC:2,000円


   


4年に1度日本で開催されるバレーボール世界一決定戦。
前回は名古屋大会がありませんでしたので、今回は8年ぶりに観戦。

女子大会は各地の大陸選手権を制覇したアメリカ、ブラジル、ロシア、タイ、ワイルドカードのドミニカ、そして開催国の日本を加えた6チームの争い。

日 本
アメリカ
セットカウント
得点
セットカウント
19−25
19−25
25−19
21−25


日本チームのスタメンは新鍋理沙選手、大竹里歩選手、中道瞳選手、石井優希選手、迫田さおり選手、木村沙織選手、そしてリベロが佐藤あり紗選手。
この大会からMB1というミドルブロッカーを1人にした戦術を取った日本。正直言って、素人の私にはどの程度違いが出るものなのかよく分かっていませんが、より攻撃に重点を置いたということでしょうか。
ただこの戦術もアメリカの高い壁に阻まれたという印象。
第2セットでは早くも新鍋選手に代えて近江あかり選手を投入。第3セットでは長岡望悠選手と岩坂名奈選手を入れ、岩坂選手のブロックなどが見事に決まって波に乗るも、第4セットも接戦ではありましたが落としてしまいました。
石井選手や木村選手は安定した活躍を見せてくれたんですけどねぇ。

日本はこれで1勝1敗。
明後日からは東京に場所を移して残り3戦。
是非ともメダルを獲得してもらいたいですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ