芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/12/23

『極楽のおじさん』  映画道

『極楽のおじさん』

2011年日本映画 64分
脚本・監督・編集・製作:一尾直樹
撮影:山崎のりあき  音楽:平田淳
出演:牧野鏡子(アヤ)、渡辺真輔(ジュン)、北村想(初老の男)


『映画館から遠く離れて』

2011年日本映画 36分
監督・撮影:大橋雅之  編集:一尾直樹
出演:拝戸雅彦(あいちトリエンナーレ2010キュレーター)、平野勇治(聞き手)、山田諭(名古屋市美術館学芸員)、鈴木弘之(チーフ映写技師)、小澤佳代子(フリーライター)


  


名古屋市名東区極楽。そこに住むおじさんを訪ねて、京都からやってきたアヤは、家に見知らぬ若い男がいることに驚く。ジュンと名乗る男は居候で、おじさんはしばらく帰ってこないだろうと言う。仕方なくアヤはジュンとともにおじさんの帰りを待つことにするが、突然やってきた初老の男がおじさんは既に死んだと告げる。

一尾直樹監督の自主製作作品。

何とも一尾監督らしい不思議な味わいのある作品で、誰一人その存在が確かな者がいない。ジュンは本当に居候なのか、アヤは本当に姪なのか、初老の男は本当にムショ仲間で、彼の死を見届けたのか。
この日は一尾監督と撮影の山崎のりあきさんの舞台挨拶つき。そこでの話によると、おじさんの家があるのは設定では名古屋市名東区極楽(実在する地名)だが、実際には小牧市にある常懐荘を使用し、実質4日間で撮影したとのこと。
この家も実に雰囲気がよく、まさしく映画の雰囲気に直結していた。

本作に先立って、一尾監督が編集を務めた『映画館から遠く離れて』も上映。
こちらは11月に開催された鶴舞ファンタスマゴリアでも上映されたので鑑賞済。
あいちトリエンナーレ2010で展示された楊福東(ヤン・フードン)さんのインスタレーションの上映の裏側を追ったドキュメンタリー。もうあの作品を観ることはたぶんないんだろうなぁ。


★★1/2
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ