芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/11/28

ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』  演劇道

ヨーロッパ企画 第31回公演
『月とスイートスポット』


クリックすると元のサイズで表示します

【名古屋公演】
2012年11月28日(水)
名古屋市芸術創造センター
前売:4,000円  当日:4,500円

作・演出:上田誠
音楽:moools  美術:長田佳代子  照明:葛西健一(GEKKEN staff room)
音響:宮田充規(GEKKEN staff room)  衣装:中嶋佑一(artburt)
ヘアメイク:松村妙子  映像:大見康裕  演出助手:山田翠
舞台監督:筒井昭善×大鹿展明
出演:中川晴樹(オオサワ)、土佐和成(タグチ)、永野宗典(カモ)、本多力(アズマ)、加藤啓[拙者ムニエル/モッカモッカ](タチバナ)、諏訪雅(ソエジマ)、望月綾乃[ロロ](タグチの元恋人ミサト)、角田貴志(香港マフィア・シライシ)、石田剛太(同チェン)、酒井善史(タイムパトロール・サヤマ)、西村直子(タグチの同級生ムラタ)


とある路地裏。組同士の抗争で大怪我を負ったヤクザのオオサワとタニグチが逃れてくる。弟分のカモは薬局に行くように指示されるが、香港マフィアのシライシとチェンに拉致される。更には背中をざっくりやられた兄貴分のタチバナが息絶える。死を覚悟したタニグチは、過去が見えるというドラッグ“スイートスポット”を飲む。するとそこには10年前、スピードスターというチームを組んでいた頃のカモと今では実家の家業を継いでいるアズマが現れる。タニグチの当時の恋人ミサトは、タニグチが10年後にヤクザになっていることを知って、未来を変えようと試みる。そこへタチバナと子分のソエジマがやってくるが、タチバナは自分が死んでいることにショックを受け、ソエジマは自分がインテリヤクザとして成功して、ハワイを満喫していると知ってほくそ笑む。再びシライシとチェンがやってくる中、突如、タイムパトロールのサヤマが現れ、ミサトがタニグチと明るい未来を歩もうとするのを阻止する。2700年から来たというサヤマによれば、その頃は人類は月に移住しており、ムーンシティ建設の立役者となった人物がタニグチの中学の同級生だという。そこに当時の過去が現れ、天文学部の部長ムラタがタニグチたちのためにアイスを買ってくる。進退窮まったサヤマは忘却剤を噴出してもらう。

ヨーロッパ企画1年以上ぶりの本公演。

続きは後ほど。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ