芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/3/31

連続テレビ小説『カーネーション』最終週「あなたの愛は生きています」(最終回)  『カーネーション』道

作:渡辺あや
音楽:佐藤直紀  演奏:フェイスミュージック
主題歌:「カーネーション」椎名林檎

出演:夏木マリ(小原糸子)、新山千春(小原優子)、川崎亜沙美(小原直子)、安田美沙子(小原聡子)、竹内都子(山口孝枝)、小島藤子(小原里香)、川岡大次郎(河瀬譲)、茂山逸平(吉岡栄之助)、二宮星(小原糸子・11歳)、中村優子(吉沢加奈子)、藤間宇宙(高山守)、浅利陽介(ジョニー)、郭智博(斎藤源太)、小笹将継(水野浩二)、中山卓也(篠山真)、千田訓子(フミ子)、村上東奈(白川ナナコ)、東岡亜美(小原里恵)、エリオット・クロプトン(ミッキー)、木内義一(加奈子の夫)、永津真奈(看護師)、グループエコー、岸和田かじやまちのみなさん、山田スミ子(相川節子)、辰巳琢郎(龍村英一)、尾野真千子(小原糸子)


完全版DVD-BOX 1は3月21日発売!
   


平成22年(2010)9月。だんじりの日、大勢の人が2階のサロンに集まる。直子に腹回りがたるみすぎだと指摘されたジョニーは「いいんだよ。なぁ」と同意を求めるが、ナナコは「分かんない」と答える。泣いている赤ん坊をあやす孝枝。源太のファンである水野は本人を目の前にして落ち着きがない。水野が源太に憧れて洋裁の道に入ったと聞いた譲、栄之助、守らはサインをもらってくるように言い、寿司を持ってきた里香に源太を呼んでくるように頼む。聡子と話していた源太は水野のところにやってきて挨拶をするが、水野は声にならない。一同を見つめる糸子の写真。龍村院長は女性客にワインの講釈をして相川看護師長ににらまれる。そこへ吉沢夫妻が2人の息子を連れてやってくる。再会を喜ぶ龍村と相川。一同を見つめる糸子の写真。聡子が優子に呼ばれる。優子は直子と聡子にテレビ局の人が来て、糸子をモデルにした朝ドラをやりたいという話が持ち込まれたことを明かす。直子と聡子は糸子がよく見ていて、よく自分の話が朝ドラにならないかと話していたと賛成するが、優子は自分たちが出てきて、たくさんの人が見るのに自分と直子のしょうもない喧嘩を見せることをためらう。そこへだんじりが近づいてくる。往来をだんじりが駆け抜けていく。振動で部屋のグラスが揺れる。一同は窓から「ソーリャ」「ソーリャ」のかけ声をかけて拍手する。一同を見つめる糸子の写真。平成23年(2011)10月。「おはようございます。死にました。あっちゅう間にもう5年が経ちました。おかげで娘らも元気です」と糸子。優子は昔、糸子に引退を勧めた年を越えてやっぱり働きまくっている。相変わらず高い靴を履いて、相変わらず怖い。ちょっと変わったことと言ったら、優子と直子はこの頃、お互いのショーを見るようになった。ロンドン・聡子のアトリエ。いずれもいい年を越えて引退なんぞさっぱり頭にない。働いて働いて、たくましくなる一方。優子はオフィスに戻ると、デスク上のライトをつけ、糸子の写真を見つめる。「ただいま、お母ちゃん。ショー、うまいこと行ったよ。直子も来てくれたしな」と報告し、涙をこぼす優子。直子は自宅のマンションでワインを飲みながら、携帯電話の待ち受けにしてある糸子の写真を見つめる。優子はミッキーに"I miss my mom so much..."と言うと、「会いたい。会いたいな、母ちゃんに」と泣く。「泣かんでええ。泣くほどのこととちゃう」。誰もいないサロン。「うちはおる」。1年前、優子たちが朝ドラの話をしている最中、糸子は優子の後ろで「やりやり。やろうやろう」とけしかける。「うちはおる。あんたらの側。空。商店街。心斎橋。緑。光。水の上。ほんでちょっと退屈したら、また何ぞおもろいもんを探しに行く」。岸和田中央病院。看護師がとある病室に入り、「ごめんな。看護師長に絶対見せちゃるように言われていたのに」と詫びる。看護師は待合ロビーのテレビをつけ、終わる頃に迎えに来ると言って立ち去る。『カーネーション』を見る車椅子の老女。

いやー、終わりましたね。

奈津(はっきりとは映し出されていませんでしたが)が『カーネーション』の初回を見るというのは知ってはいたのですが、そこからクレジットに移るとはねぇ。最後の最後にやってくれました。
人の死には2つあり、1つは肉体の死、もう1つは忘却の死とよく言いますが、そういった意味では死後5年が経ってもこうして語り続けられる糸子、もとい小篠綾子さんはまだまだ多くの人の中で生きていると言えますね。
町山智浩さんに先に使われてしまいましたが、まさにリインカーネーション(reincarnation=転生)。見事なエンディングでした。

最後の1ヶ月は少々不満がないではないですが、終わりよければすべてよしということで。それこそ初回のオープニングに夏木マリさんが登場していればもっと受け容れやすかったと思うのですが、やはり途中で路線変更があったんでしょうかね(最初から決まっていたというようなことを言ってましたけど)。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
9



2012/4/27  19:17

投稿者:法水

過分なお褒めの言葉、ありがとうございます。
こんなブログでもお役に立てたようで何よりです。
『梅ちゃん先生』は堀北真希さんが可愛いので、それだけで許せてしまいます(笑)。

2012/4/11  21:56

投稿者:法水

クドカンの朝ドラは必ずやります!(笑)

2012/4/8  23:49

投稿者:法水

拍手コメント、ありがとうございます。
『梅ちゃん先生』についてはちょっとお休みします(笑)。
また気が向いたら再開しますので、その時は宜しくお願い致します。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ