芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/3/23

連続テレビ小説『カーネーション』第25週「奇跡」(144)  『カーネーション』道

作:渡辺あや
音楽:佐藤直紀  演奏:フェイスミュージック
主題歌:「カーネーション」椎名林檎

出演:夏木マリ(小原糸子)、中村優子(吉沢加奈子)、山田スミ子(相川節子)、蟷螂襲(香川俊夫)、FUMIHITO(定岡義彦)、路井恵美子(患者)、恒川愛子(看護婦)、岡崎あかね(患者)、時任春奈、高寄歩美、中井多栄子(患者)、市川まさ江(同)、劇団ひまわり、キャストプラン、劇団東俳、放映新社、NAC、日本芸能センター


完全版DVD-BOX 1は3月21日発売!
   


平成13年(2001)10月。ショーまで2週間を切っていよいよウォーキングの練習が始まった。総婦長の相川は指導にあたる定岡義彦に余計なストレスを与えないように注文をつけるが、糸子は歩き方はショーの基本であり、歩き方がおかしかったら恥をかくのは本人だと言う。杖をついて歩くのはセクシーじゃないという定岡は男前にエスコートさせることを提案。糸子、相川、香川の3人は揃ってある人物を思い浮かべてやらせることにする。練習が終わり、患者たちがデイルームから出て行く。相川は糸子に、今更だがモデルを一人追加してもらいたいと用紙を差し出す。それは今、最後に出て行った患者・吉沢加奈子で、糸子も気になっていた。加奈子は末期のがんで、今の医療技術では先はないと言う相川は、ここだけの話、今の医学がどれだけのものかは知らないが、正直知れていると言う。もちろん毎日、現場に立ってその場その場でやれるだけのことはやっているが、やればやるほどつくづく知れてるなと思うと話す相川。そもそも人間の病気には本当に医学しかないのか、とりあえずないことにして自分たちは必死で患者を治療に専念させているが、医学の他にもしかしたらあるのかも知れないと言う相川に、糸子は服だって知れているが、力を信じたいし信じてると言う。相川の言う通り、やればやるほど知れているということも毎度突きつけられるが、縁をもらったことに感謝する糸子。その後、加奈子が呼ばれて部屋にやってくる。総婦長に特別に一人入れて下さいと言われたと聞き、加奈子は嬉しいと喜ぶ。加奈子は2人の子供に見せてやりたいと出たかった理由を話す。病気になってから、自分の哀れな姿しか見せてやれていないという加奈子は、痩せてしまい、髪もなくなってしまって自分もつらいが、母親がそうなっていくの見ている子供たちの気持を思ったらたまらない、主人に連れられて病室に入ってくるときのいつもおびえるような顔が可哀想だと声をつまらせながら語る。糸子は加奈子を抱き寄せて背中を軽くたたく。糸子は涙を拭うと、自分の話を始める。今、自分は88歳で、体はあちこち弱り、杖がないと歩けない、いつ死んでもおかしくない年になり、いつ会っても娘らの顔にはまず心配、「大丈夫なんかお母ちゃん」て書いてあると言う糸子。だが、85歳を越えたあたりでとてもいいことに気づいたという糸子は、「年取るちゅうことはな、奇跡を見せる資格がつくちゅうことなんや」と言い、若い子らが元気に走り回ってもびっくりしないが、100歳が走り回っていたら、それだけで奇跡だと話す。自分は88歳で仕事も遊びも好き勝手やっているだけで人がとても喜ぶと言う糸子。老いることが怖くない人間はいない、年を取ったらよぼよぼになって、病気になって、孤独になる。大したことはしなくても、鰻を食べたり酒を飲んだりするだけで人の役に立てる。糸子はそう言うと、加奈子の手に手を置き、笑ってみるように言う。言われるがままに笑顔を浮かべる加奈子を見て、それでもう奇跡だと言う糸子。みんな末期がんなんかになったらもう二度と笑えないと思っているが、加奈子が笑うだけですごい奇跡を人に見せられる。加奈子がピッカピカにおしゃれして、ステージを幸せそうに歩く、それだけでどれだけの人を勇気づけられるか、希望を与えられるか。加奈子にはそういう資格、いや役目を持っているということをよく考えておくように言う糸子は、加奈子の出番はトリだと告げる。糸子に「あんたが奇跡になるんやで」と言われ、頷く加奈子。

3日目にして中村優子さん扮する吉沢加奈子の台詞あり(笑)。
ニット帽を被り、見るからに病状は重そうでしたが、末期のがんで先は長くないとのこと。総婦長がそんな加奈子をショーに出してくれと糸子に頼むわけですが、「モデルを一人追加して欲しい」と言ったときには総婦長が出たいのかと思ってしまいましたよ(笑)。

2人の子供に見せてやりたいと涙ながらに語る加奈子。
いやー、やはり中村優子さん、地味ながらいい女優さんですねぇ。
その後の、糸子の「年取るちゅうことはな、奇跡を見せる資格がつくちゅうことなんや」という台詞もよかったのですが、ただ当人を目の前にして「末期がん患者が」云々と言うのはちょっと無神経じゃないですかねぇ。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ