芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2009/9/29

連続テレビ小説『ウェルかめ』(2)  『ウェルかめ』道

第1週「憧れは海をこえ」(第2回)

作:相良敦子
音楽:吉川慶
主題歌:aiko「あの子の夢」
語り:桂三枝

出演:小酒井円葉(浜本波美)、石黒賢(浜本哲也)、羽田美智子(浜本加代)、未知やすえ(笹原フミ)、西園寺章雄(中川龍一)、柳沼周平(大会役員)、岡大介(サーフショップ店員)、綾川文代(看護師)、妹尾米子(客)、金子舞優名(中川果歩)、三田村陽斗(鈴木一平)、藤川博歌(笹原綾)、白川裕太(桝井佑介)、古澤健(堺修二)、中西一志(原田正則)、徳島県美波町のみなさん、徳島県サーフィン連盟のみなさん、芦屋小雁(浜本泰三)
遍路指導:今川泰伸





大会役員に確かめて哲也がエントリーしていないことを知った波美は、取材どころではないと哲也を探しに行く。綾や一平たち新聞部は波美の後を追いかけ、果歩もそれに続く。サーフショップ店の店員は哲也が帰ってきたことも知らず、薬王寺にも姿はない。波美は寺の望遠鏡でピンクのシャツを着た哲也を見つけて走り出す。哲也がいた休憩所に行くと、既に姿はない。女性客に聞き、港に向かう波美たち。すると哲也の笑い声が聞こえる。お好み焼き屋の女性店員との談笑を終えた哲也を追いかけていくと、うどん屋を営む綾の家に入って行く。波美は店に入り、なぜこんなところにいるのかと尋ねる。波美が大会の会場に行ったと聞いて驚いた哲也は笑い出し、こんな波の凪いだ日に出られない、意味のないサーフィンはしないと大会に出なかった理由を説明する。それを聞いた波美は安心し、哲也のおごりでうどんを食べようとするが、果歩に取材はどうするのと叱責されて反省する。波美は哲也にサーフィン教室を開くように頼み、それを取材することを思いつく。家に帰り、ボードを持っていく波美。泰三はそれを見て哲也が帰ってくると騒々しくなると苦虫を噛み潰したような顔をして、加代が哲也に甘いと小言を言う。浜辺で水が入ったバケツを使ったトレーニングをする綾たちの写真を撮り、ボードに腹ばいになって板をプッシュするパドリングについてメモをする波美。果歩が哲也に筋がいいと褒められたのを見た波美は自分もパドリングを始める。その後、砂山に乗せたボードの上でバランスを取る練習。男子たちは海に入る前に疲れると言い、波美もバランスを崩して果歩の上に倒れこんでしまう。果歩はこれじゃ取材にならないと怒り出し、取材をしていない波美を責める。仲良くやろうと思ってるのにと言う波美に、果歩は「お父さんのこと自慢したいだけじゃない」と言って立ち去ろうとするが、蟹に足を挟まれてしまう。果歩は医師をしている祖父・龍一に手当てを受ける。果歩は龍一の長女の娘だった。果歩は龍一の診察が乱暴だと文句を言い、みんなに礼も言わずに立ち去ってしまう果歩が半年前に父親をなくし、母親と二人で出戻ってきたという事情を聞いた波美は、父親を自慢するようなことを言って悪かったと反省する。龍一は立ち去ろうとする哲也に足のことを尋ねるが、哲也はその話を遮って病室を後にする。波美に追求されてトボける哲也だったが、看護師に「もう絶対海出たらあかんよ」と言われる。腕でバツ印を作る哲也にどういう意味なのかと尋ねる波美。家に帰り、前に痛めた膝をやって少し長く治療しないといけなくなったと説明する哲也。それは加代も知っていたことだった。哲也は全然心配いらないと言うが、いつ直るのかという波美の質問にはまた後で話そうとごまかす。哲也はその場を離れようとするが、加代に「それだけでええん? 言うとくことが他にもあるんだったら今、みんなちゃんと言うてよ」と言われて二人に話したいことがあると切り出し、引退しようかと思っていると打ち明ける。

「ホンマ人生とは知らんことがぎょうさん出てくるもんですなぁ」
と最後に三枝師匠がおっしゃってましたが、さすがはBK(NHK大阪)、知らん俳優さんがぎょうさん出てくるもんですなぁ(笑)。でも、子役も含めて出演作品を調べてみるとたいてい過去のBK制作の朝ドラに出演しているんですよね。

波美を演じる小酒井円葉(かずは)ちゃんもその一人で、『ちりとてちん』に出演していたようです。「由美子」役とのことですが、ヒロインの少女時代の同級生か何かでしょうかね。
他には『トライアングル』で広末涼子さん扮する葛城サチの少女時代を演じていたのもこの子だったんですね。

物語も今のところ順調ではないでしょうか。
初回の視聴率は16.0%(関東地区)で史上最低2位だったそうですが、まぁ前作『つばさ』の平均視聴率が過去最低でしたから仕方ない面はありますね。これから盛り返すことができるかどうか…。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ