芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2006/6/29

『DEATH NOTE デスノート』  映画道

『DEATH NOTE』

2006年日本映画 126分
監督:金子修介  脚本:大石哲也  原作:大場つぐみ/小畑健
出演:藤原竜也(夜神月)、松山ケンイチ(L/竜崎)、鹿賀丈史(夜神総一郎警視総監)、瀬戸朝香(南空ナオミ)、香椎由宇(秋野詩織)、細川茂樹(FBI捜査官レイ・イワマツ)、戸田恵梨香(弥海砂)、藤村俊二(ワタリ)、五大路子(夜神幸子)、満島ひかり(夜神粧裕)、津川雅彦(佐伯警察庁長官)、青山草太(松田刑事)、中村育二(宇生田刑事)、奥田達士(相沢刑事)、清水伸(模木刑事)、小松みゆき(佐波刑事)、中原丈雄(松原)、田中要蔵(バス運転手・佐々木)、顔田顔彦(渋井丸拓男)、皆川猿時(恐田奇一郎)、中村獅童[特別出演](リューク)




世界各地で犯罪者が心臓麻痺のような症状で変死するという事件が相次ぐ。様々な憶測が流れる中、ネット上では救世主“キラ”の存在が囁かれ始めていた。すべては名門・東応大学に通うエリート大学生・夜神月(ライト)の仕業だった。法の限界を感じ始めていた彼はある時、表紙に「DEATH NOTE」と書かれた一冊のノートを拾う。「このノートに名前を書かれた人物は死ぬ」というそのノートに、月が遊び半分で誘拐犯の名前を書くと、翌日、誘拐犯は変死を遂げる。そんな月の前に、ノートの持ち主である死神リュークが姿を現わす。ノートの力を信じた月は、次々に凶悪犯や未解決事件の容疑者の名前を書き、制裁をくわえる。月の父で警視総監の総一郎は、この不可思議な一連の事件の捜査にあたっていた。インターポールから送り込まれてきた天才・の指示の下、キラの正体が関東地方に住む警察関係者とその家族に絞り込まれる。一方、FBI捜査官のレイも月に疑いを持ち、尾行を続けていた。


「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒット漫画の映画化。
あまりの評判に原作を読んでみたが(ちょうど今回映画化されたあたりまで)、なるほど確かに面白い。

前編のみで評価はしにくいのだけど、後編へ向けての前振りとしては充分。
ただ、こう何と言うか、広がりを感じない。
ものすごーく狭い中で事件が起きている感じがする。
テーマが深いだけにその点がもったいない気がした。
それと登場人物のネーミングもどうにかならんもんかね。原作通りとは言え、いかにも漫画のキャラクターという感じで、現実味に欠ける。いやまぁ、死神が出ている時点でリアリティはないんだけどさ(笑)。

原作にはない月の恋人・詩織はなかなかうまい使われ方をしていた。
初めは義憤に駆られてノートを使っていた月が、犯罪者以外の人間、つまりFBIの捜査官を始末する時点で一線を越える。
更にLに近づくためにレイの婚約者・ナオミと詩織の命さえも利用する月は、一線を越えたどころかもはや死神そのものだ。
ラスト、月とLが対峙するシーンは後編への期待を膨らませる。

客層は当然、若者中心。
しかしお子チャマたちはエンディングロールが終わるまで我慢できんのかね。
扉を開けるものだから、次回上映を待つ人たちの声が聞こえてきてうるさいことこの上ない。
こちとらRED HOT CHILI PEPPERS「DANI CALIFORNIA」を聴きに来とんねん!(笑)

最後に後編の予告(と言うほどのものではないが)。
後編は『DEATH NOTE The Last Name』というタイトルで11月に公開される模様。
当初10月公開って言ってたのに変更になったのね。


★★1/2


0



2009/8/19  9:00

投稿者:法水

ご旅行ですか? いいですねぇ。しかし今頃『DEATH NOTE』をやっているとは(笑)。
『DEATH NOTE』はそれなりに楽しめましたが、同じ金子監督で同時期に公開されていた『神の左手悪魔の右手』の方がお薦めです。

2009/8/19  8:11

投稿者:ミミズク

お久ぶりです。こんな古い映画からコメントさせていただきます(笑)。
実はこの映画をJALの機内で見ました!。確か法水さんが書かれていた記憶があったのでどうかと思ったんですが、これは結構エンタテーニングという意味ではとても面白かったです。藤原竜也くんの舞台演劇調のセリフやら鹿賀丈史のドライすぎる息子への深い思いやり(笑)とか何であんなに警察が簡単にエルを信用するのかなどなど・・・この、いかにも漫画のキャラクターという感じがかえってよかったですね。マズイ機内食を忘れることができました(笑)。ちなみにこの続編も同時にやってたのでみましたが、こっちはちょっとダラダラだったような気も・・・。

2006/7/2  0:53

投稿者:法水

いや、予告と言っても暗闇にリンゴが浮かんでいて、リュークが喋っているだけのものですからそう大して価値はないと思います(笑)。

2006/7/1  8:47

投稿者:neokamakiri

最後に後編の予告流れたんですか!? 先行上映の時は無かったんですが、見てみたいなぁ。

http://blogs.yahoo.co.jp/neokamakiri

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ