芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2009/7/29

『築城せよ!』  映画道

『築城せよ!』

2009年日本映画 110分
原案・脚本・監督:古波津陽
原案:細野渉  脚本:浜頭仁史
撮影:辻健司  美術:磯見俊裕
音楽:赤城忠治  主題歌:多和田えみ「時の空」
出演:片岡愛之助(石崎祐一/恩大寺隼人将)、海老瀬はな(井原ナツキ)、江守徹(馬場虎兵衛)、阿藤快(井原勘助/勘鉄斎)、藤田朋子(佐々木律子教授)、津村鷹志(岩手晴彦教授)、木津誠之(ゴン/権大夫)、ふせえり(二本松和子)、片岡功(町民・中村)、小野進也(大工・村野)、杉本明朗(酒屋・森田)、安宅忍(春日拓司)、星光子(春日時枝)、団長[安田大サーカス](愛知工業大学・職員)、佐々木秀実(カラオケスナック秀実ママ)、柳原哲也[アメリカザリガニ](コスプレ侍団長)、平井善之[アメリカザリガニ](同)、平塚直隆(町民)





過疎化が進む町・猿投(さなげ)。この町の公園では、住民たちがかつてあった城を復元し、町おこしに活用しようとしていたが、町ではその公園に工場建設を計画していた。住民への工場建設計画の説明会がおこなわれる前の夜、公園内の井戸やぐらあとに落ちたドジな役場職員の石崎とホームレスのゴン、助けに飛び込んだ大工の棟梁・勘助が姿を消してしまう。勘助の娘で大学で建築を学ぶナツキと、城復元の旗振り役で城郭研究家の岩手教授が探し回っても3人は見つからない。夜が明けて、説明会のために公園にやってきた町長の馬場と広報部長の二本松を待っていたのは、鎧兜に身を包んだ行方不明の3人だった。石崎は戦国武将・恩大寺隼人将、勘助とゴンはその家臣の勘鉄斎と権太夫と名乗る。かつて果たせなかった城完成の悲願を叶えるため、戦国時代の武将が3人の体を借りて現代に蘇ったのだ。恩大寺は町長を追い払うと、公園に築城を宣言する。こうして住民による城建設が始まったが、尊大な恩大寺たちの振る舞いに住民たちの間に不満が広がっていく。そして、霊水を飲んだ権太夫がホームレスのゴンに戻ってしまい、幽霊の手伝いをやらされていたと知った住民たちも離れていってしまう。それでも築城を諦めない恩大寺は、ゴンの段ボールハウスを見て、段ボールで城を作ることを思いついた。ひたむきに努力を始めた恩大寺の姿に、住民たちもふたたび集まりだし、ナツキが設計した段ボール城の建築が進んでいく。だが、町長は名古屋城まつりの参加者を巻き込んで城の撤去を企んでいた。【「CINEMA TOPICS ONLINE」より】

愛知工業大学開学50周年記念作品。
古波津陽監督が自身の短篇映画『築城せよ。』を長篇映画化。

本作の目玉となる段ボール城は意外と本格的。
どうせならこの城を作る過程をドキュメンタリー映画として製作した方がよかったかも(笑)。そんなことを思ってしまうぐらい、作品の中で城を作る描写が少なくてもったいない。
また、愛知工業大学の学生や教授、地元の人たちがエキストラとして映画を作り上げ、猿投玉なるお手玉で城を攻め落とそうとするあたりも微笑ましい。

脚本はツッコミどころ満載。
恩大寺が石崎の体を借りられるのは次の満月までの4日間となぜか知っているのも謎だが、最後にその設定が活かされずに終わってしまう。また、現代に甦った割には武将たちの驚きが少なく、住民の服装を見ても何とも思わないし、ブルドーザーを見てもすぐにその役割を把握してしまう。そのくせ、石垣を作るのにセメントを使うことに反対するのが不思議。
また城で宴会を開くシーンで、ナツキがウェディングドレス姿になるというのも意味不明だし、ナツキが恩大寺に恋心を抱くというのも不要。

これが映画初主演となる片岡愛之助さんは豆腐屋のせがれで“フラボン”と渾名される役場のダメ職員・石崎と甲冑姿の恩大寺隼人将との落差が見事で同一人物とは思えないぐらい。石崎のときはヒロシさんかと思った(笑)。
海老瀬はなさんは小柄な片瀬那奈さんのよう。
ふせえりさんはいつもながらだったが、なぜか腹黒い町長のことが気に入っていて悪代官と呼んで喜んでいたり、しまいには虎ちゃんと呼んでみたり。
安田大サーカスの団長とアメリカザリガニの2人はびっくりするぐらいのチョイ役。ポスターに名前が載っているぐらいだからもう少し出てくるかと思ったのに。
オイスターズの平塚直隆さんもさりげなく出演。彼が出演しているという情報を掲載しているのはこのブログぐらいのものだろう(笑)。

一つ気になったのがカメラの小刻みな揺れ。
撮影の辻健司さんは古波津監督とは以前から組んでいるらしいが、長篇映画は恐らくこれが初めて。本作では日本映画としては初となる超高性能デジタルカメラ「RED ONE」が使用されているとのことだが、使いこなせていなくては意味がない。
恩大寺たちが馬に乗ったまま商店街を走ったり、町役場に入り込んだりといったシーンはなかなか面白かったけど。


★1/2
1



2010/1/9  8:37

投稿者:法水

あ、わざわざ拙ブログまで紹介して頂いてありがとうございます。アメリカザリガニは本当にチョイ役で残念でしたね。『ヤッターマン』ではカットされていたとは知りませんでした。

2010/1/9  3:53

投稿者:ジョニーA

トラバ&リンクさせてもらいますー
( `・ω・´)ノヨロシクー

http://blogs.yahoo.co.jp/johnny_a_depp2001/59369936.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ