芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2008/12/22

「COURRiER Japon」1月号  読書道

「COURRiER Japon」1月号
[クーリエ・ジャポン]

発売日:2008年12月10日
出版社:講談社




現在発売中の「COURRiE Japon」には特別企画「ポール・オースターが贈る珠玉のクリスマス・ストーリー」として3つの短篇が掲載されています。

まず、ポール・オースターさんが編纂した『ナショナル・プロジェクト・ストーリー』から「思い出す営み(Act of Memory)」と「ファミリー・クリスマス(A Family Christmas)」は英語の原文と日本語の訳文。
それから映画『スモーク』の基となった「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」は日本語文のみ。
更に付録CDがついていて、『NPS』の2篇は原文をポール・オースターさん、「思い出す営み」は沢木耕太郎さん、「ファミリー・クリスマス」は小川洋子さんが朗読。
「オーギー・レン〜」は訳者の柴田元幸さんによる朗読が収録されているのですが、「オーギー・レン〜」の英文はないの?と思ったら『柴田元幸ハイブ・リット』なる本に収録されているんだそうで。何だよ、結局宣伝かよ(笑)。

ちなみにそちらの収録作品は以下の通り。

ハッピー・バースデイ/バリー・ユアグロー
私たちがやったこと/レベッカ・ブラウン
大いなる離婚/ケリー・リンク
ペット・ミルク/スチュアート・ダイベック
雪人間/スティーヴン・ミルハウザー
オーギー・レンのクリスマス・ストーリー/ポール・オースター

すごいのはそれぞれ原作者による朗読が収録されている点。
向こうでは本屋に行くとよく朗読CDを売っているのを目にするし、朗読会なんかも開かれているみたいだけど、日本ではほとんど見かけないもんなぁ…。筒井さんもいくつか出していたっけ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ