芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2008/10/27

『三本木農業高校、馬術部』  映画道

『三本木農業高校、馬術部』

2008年日本映画 117分
脚本・監督:佐々部清  脚本:岡田茂
原案:橘内美佳『私、コスモの目になる!』(主婦と生活社刊)
撮影:坂江正明  美術:若松孝市  編集:川瀬功
音楽・メインテーマ:押尾コータロー「君がくれた時間」  主題歌:STGM「この胸に…」
出演:長渕文音(菊池香苗)、柳葉敏郎(古賀博)、奥村知史(岡村賢治)、森田彩華(森陽子)、西原亜希(園田帆乃夏)、小林裕吉(高橋守)、黒谷友香(北里大学・坂口康子)、松方弘樹(校長・野間康秀)、吹越満(菊池隆)、原日出子(菊池美保)、田村三郎(柳沢聖)、伊嵜充則(馬運車の男)、柳英里紗(山下翠)、ジョナゴールド(石田里美)、斗沢栄一(大学馬術部監督)、中野渡春雄(香苗の祖父)、湊華苗(獣医)、つぼイノリオ[CBCラジオパーソナリティ](卒業式来賓)、若生哲旺[東北放送アナウンサー](同)




菊池香苗は三本木農業高校、馬術部の2年生。顧問である古賀先生の指導は厳しく、また、早朝から夜中までかかる馬の世話は重労働のため、香苗の他に部員は、先輩の帆乃夏、同級生の陽子と賢治、後輩の高橋の4人だけである。泥だらけになりながら馬の世話を懸命にする部員たちは、学校と馬場を往復するだけの毎日。素朴だが清々しい高校生活を送っていた。香苗の担当は、タカラコスモス(通称コスモ)。過去には馬術競技界で名を馳せた名馬だったが、左目を患って引退し、三本木農業高校に引き取られたサラブレッドだ。プライドが高いうえ気性も荒く、香苗の言うことをまったく聞かない。優美な馬の姿に憧れ、軽い気持ちで入部した香苗にとってコスモの担当は荷が重く、日々辟易することばかりであった。そんなある日、散歩中に突然コスモが暴れ出した。言うことを聞かないことに腹を立てた香苗は、コスモをその場に置き去りにして帰ろうとする。その時、ふとコスモの異変に気づいた。視力はさらに低下し、地面の小さな起伏すら認識できなくなっていたのだ。「左目はもう見えないの?」初めてコスモの苦しみを理解した香苗は、その日を境に献身的に世話を始めるようになる。目が見えない恐怖から、なかなか部員に心を開かなかったコスモが、ひたむきに世話をする香苗を信頼し、ついには香苗の声に反応するまでになっていった。香苗もまたコスモと触れ合うことにより、生命の愛おしさ、尊さを学んでいく。コスモの出産や仔別れ、厳しい練習、馬の死、仲間とのけんか、淡い恋心…。かけがえのない経験をしながら馬術部員たちは少しずつ大人になっていく。季節は流れ、香苗たちにとって高校生活最後の馬術大会が近づいてきた。香苗はコスモとの絆を確かめるように、コスモとともに大会へ出場することを決意する。「私がコスモの目になります!」周囲の反対を押し切り香苗とコスモは、ついに馬術大会当日を迎える。【公式サイトより】

青森県に実在する農業高校馬術部の実話を基にした作品。
タイトルの「、」が余分な気がするのは私だけ?(笑)

物語としては香苗が2年生になってから卒業までを描いていて、稲穂、雪、桜といった四季折々の情景も織り込まれる。そういった長期ロケだけではなく、馬を扱うということでキャスト、スタッフともども撮影は大変だっただろうなぁとまずは素人的感想(笑)。
馬はいずれも名演技で、特にモスカと引き離されるときのコスモのまさに生木を裂かれるかのごとき興奮ぶりはどうやって引き出したんだろう。

ストーリーは取り立てて言うべきところもないが、最後の馬術大会のシーンは頂けない。
コスモは最初の障害に3回トライして跳ぶことができず、失格となったにも関わらず、場内から香苗コールやらコスモコールが沸き起こって再度挑戦しようとする。実際もこのような展開だったのかどうかは知らないが、他の参加者のことを考えていない自己中心的な行動にしか見えず、これで感動させようというなら勘違いも甚だしいところ。しかもその時のジャンプがいかにもな合成なんだよな…。最後の最後で残念。

これがデビュー作となる長渕文音さんは特にどうと言うこともなく。
顔立ちは石原さとみさんをちょっと××したような感じ?(笑)
どうせならお母さんと同じアクション女優への道を進んだ方がいいんじゃないかと思うのだけど、本人にはその意思はないようで。

あと、柳葉敏郎さんって長渕剛さんと何かで共演してなかったっけ?と思ったけど、それは哀川翔さんか。一世風靡違い(笑)。
共演と言えば、佐々部監督作品の常連・伊嵜充則くんが柳葉敏郎さんと同じ画面にいるのを見てドラマ『ホットドッグ』を思い出した(懐かしい〜)。
それにしてもつぼイノリオさんが出ていたとは気づかなかったなぁ。
ちなみに香苗の祖父は十和田市長、コスモの娘モスカを引き取りにくる大学の馬術部監督は前三本木農業高校校長、更にはヒロインのモデルとなった湊華苗さんは獣医の役として出演。どんな顔してたっけ。


★★1/2
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ