芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2008/8/30

中日対広島20回戦  観戦道

中日対広島 20回戦
チーム名




広 島




中 日



ナゴヤドーム  観衆数:38103人

勝利:斉藤(1勝0敗0S)  セーブ:永川(4勝1敗27S)
敗戦:山本昌(10勝4敗0S)
本塁打:[ 広島 ] アレックス 12号(1回表2ラン)

今期2度目のナゴヤドームは中日対広島戦。
私が観に行くといつも中日が勝つのですが、本日は珍しく負け。
それにしても広島のスタメン、ほとんど知らない選手ばかり…。
嶋と梵(そよぎ)くらいですかね、辛うじて知っていたのは。
あと、中日にいたアレックスがいつの間にか広島にいたとは。
前田とか緒方が控えになっているというのも淋しいですねぇ…。

中日の先発は200勝を達成し、7連勝中の山本昌。
初回、開始6分でいきなりアレックスに2ランを浴び、しばらくは膠着状態。
6回、併殺くずれの間に追加点を入れられて完全に広島ペースとなっていましたが、広島は何を思ったかそれまで5回をヒット2本に抑えていた先発・斉藤に替えて岸本を投入。これが完全に裏目に出て荒木、李炳圭に連打を浴び、替わった青木(勇)も和田に打たれて1点差に。

場内が盛り上がったのが8回表。
この回からマウンドに上った浅尾がノーアウト満塁の状況を作り出して小林に交替。
迎えるバッターは5番・嶋。
ボール3つ先行して押し出しかと思いきや、そこからストライクを2つ取り、ファール、ファールの連続。場内から溜息やらブーイングやらが飛ぶ中、全部で15、6球を投げ、最後は見逃し三振。
これでお役御免となった小林には場内から温かい拍手。
次にマウンドに上った中里が代打・前田を三球三振。
と思ったら続く石原にストレートのフォアボールで押し出し。
結局、これが勝負の分かれ目でした。
ま、私は巨人ファンなのでどっちが勝とうが構わないんですが(笑)。

しっかし、両チームともお粗末なプレーの連続。
暴投やら飛び出してアウトになるランナーやら。
そのくせダラダラとして試合終了は10時近く。
もうちょっとどうにかなりませんかねぇ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ