芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2008/2/14

『歓喜の歌2007』  鑑賞道

志の輔らくごのおもちかえりDVD①
『歓喜の歌2007』


2007年1月13日収録 パルコ劇場
収録時間:約54分

出演:立川志の輔

美術:堀尾幸男  照明:山口暁  音響:高橋巖  舞台監督:鈴木政憲
お囃子:松永鉄九郎、松永鉄駒、松永鉄六、杵屋寿、立川志の八、立川志の春
ブレーン:斎木良二、あべあきら、小佐田定雄
SPECIAL THANKS:TCF合唱団、ハマ音合唱団、労音合唱団
製作:山崎浩一(パルコ)
エグゼクティブプロデューサー:大竹正紘(パルコ)




松岡錠司監督による映画版公開を記念して発売されたDVD。
パルコ劇場で毎年行われている「志の輔らくごinパルコ」で昨年上演されたものを収録。単なる新作落語ではなく、最後にちょっとした演出もあり。
しかし美術の堀尾幸男さんは手広くやってるなぁ。

富山空港での荷物間違いのエピソードを枕に本篇に。
映画版は当然のことながら元の落語を膨らましているわけで、飲み屋のツケや妻との離婚問題、らんちうなどは出てこない(笑)。
映画版を観たときにちょっと大晦日前日の出来事が詰め込みすぎという印象を受けたが、どうしても膨らました分、展開に無理が出てしまったようで。

元の落語ではその分、ラーメン屋の女将さんからの餃子の差し入れによって主任が心を入れ替えるくだりにより力点が置かれている。
あれ?と思ったのが、主任の「餃子ですよ、餃子」の台詞がなかったこと。
映画の予告篇で志の輔さんが高座でこの台詞を言っているシーンがあったけど、あれは予告篇のためにわざわざ撮ったんだろうか。
しかし私が観たときは騒ぎの直前だったからよかったけど、妙にタイムリーなネタになってしまったなぁ。

DVDとしてはもう一作ぐらい入れてくれてもよかったのに。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ