2005/12/12

電飾  

今年もまた師走である。
なんか早いな〜、時間の経過が。
前は「カムに乗って来た」ぐらいの加速感が最近は
「ターボ、フルブーストーッ!」って位、速くなった。

それはさておき。

で、この時期、目に付くのがイルミネーションだ。
といっても、お得意の繁華街のネオンでは無い。
あの一般家庭の庭や家屋のアレだ。

マンション偽装設計事件でもお判りのように
一般建築でも鉄骨やら鉄筋やらを
建材として使用しているのが少なく無い訳だが、
さあ、そこに電線をコイル状に巻いて電気を流したらどうなのか。

中学校の理科でもならいましたね、「右手の法則」
電流を流したコイルの中の鉄には磁力が発生するんでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します
ああ、こんな事をして大丈夫なのか?!
地磁気の乱れを誘発したり、あげく地球の自転に影響は無いのか?
心配で夜も寝られず昼間寝ている毎日だ。

えーと、「あれは交流だから」とか「そういう回路では無い」とか、夢の無いツッコミは禁止の方向でお願いします。
0



2005/12/25  23:24

投稿者:のりへー

とゆーことで
お住まいの構造に不安のある方は
ギンギラのイルミネーションで
検査して下さい。
そーゆーオチ?

2005/12/23  22:14

投稿者:ハヤミ

磁力が生まれれば正しい設計。
つーことだ。
鉄筋ケチってればコイル作っても何も起こらんつーことだな。
心配なら・・・まけまけまけ!

http://blog.so-net.ne.jp/recordingman/

2005/12/13  23:20

投稿者:のりへー

ナイス!

2005/12/13  21:56

投稿者:あじゃぶ

そうなんです。
だからみんな家の中で同じ数だけの電飾を反対方向に巻いて、帳消しにしてるんですよ。
部屋の中が暑くって(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ