ボードかんぱにー業務日報

コンシューマボードゲームだったり、オフ会だったり、日々のまったりだったり、オススメの本やCDだったり、私の心のうちだったり・・・
そんな、何でもアリなサイトの何でもアリなBlog。

 

最近読んだ本

ねーぽんの最近読んだ本

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ねーぽん
>なじょさん
> 「方向性が変わった」ことで旧来のユーザはついてこなくても、その方向性の先にいるユーザに評価されればゲームとしては成功だと思いますよ。

 こんなことを言うと変かもしれませんが、いくらユーザーの目に映っているものが今までの「いたスト」と違って見えたとしても、作った人がIDとして「いたスト」という名前を与えたなら、やっぱりそれは「いたスト」なんですよ。つまり、いたスペが好きになるも嫌いになるも、それはいたストの好悪と同じなのかなって。
 そう考えると、いたストは私の世界観を変えた素晴らしいゲームですから、そう簡単に嫌いになったりも出来ないのかなって思います。どんな情報が出てきても、やっぱりわくわくしちゃいますし。

 それと、前にもちょっと書きましたが、いたストの根底であるちょっと気難しいシステムは、引き続き存在するのですから、「その方向性の先」にいるユーザーにフォローを入れる必要はやっぱりあるのかなと。そしてそれが出来るのは我々なのかな、とも思いますよ。

> #まぁもっとも、方向性を変えて成功するより失敗の方が多いとは思ってますが(^^;;

 全ての新しいものは、今まであったものの方向性の転換ですし、そもそものいたストの起源も、それまであったコンシューマボードゲーム(多分片手で数えられるぐらいしかなかったはず)からの方向性の転換と考えられますから、新しいものを打ち出そうとするその姿勢は評価されるべきなのかなと。実際うまく機能しているかどうかは、やってみてのお楽しみ、ということにしておきましょうよ。
投稿者:なじょ。
先週(だったっけか?)のファミ通の桜井氏のコラムを読むといろいろと考えさせられます。

「方向性が変わった」ことで旧来のユーザはついてこなくても、その方向性の先にいるユーザに評価されればゲームとしては成功だと思いますよ。

まぁ個人的には派手なのは好みから外れるのでスフィアモードは「かじる程度」で終わりそうですが(^^;

#まぁもっとも、方向性を変えて成功するより失敗の方が多いとは思ってますが(^^;;

http://moon.ap.teacup.com/najyolitan/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ