2021/10/21  10:48

三式戦闘機 1型丙と丁  飛行機模型

 

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61 1型丁 飛燕

         潟nセガワ 1/48

 

丙型244戦隊の迷彩写真をよくみると、今回の塗装では少し余白がおおいようなので、

 

パターンを加筆してみました。

※Before
クリックすると元のサイズで表示します

After
クリックすると元のサイズで表示します

 

 

無塗装外板のうえに緑のまだらで、迷彩効果はどんなもんだろうとギモンを投げかける

ネットの記事もありました・・・・確かにトーンの違う緑や茶色も混ぜたほうが良いような

 

気がします。
※Before
クリックすると元のサイズで表示します

After
クリックすると元のサイズで表示します

 

 

尾部を赤く塗ったのは、まだらが透けてみえる画像が存在するということから、まだら塗装

が時期的に先であったらしい。

※Before
クリックすると元のサイズで表示します

※After
クリックすると元のサイズで表示します

 

丁型は機首を延ばしたので、スマートにはなったが、フォルムは悪くなった・・・との解説が

ありましたが、どんなもんでしょう・・・・バランスが違っているのはわかりますがカタチが悪く

なったとは思いませんけどねぇ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その点で行くとU型や5式戦は「変」だとおもいまーす(笑)

 

丁型の緑2色の迷彩柄はよくみたら「西瓜」じゃん(笑) 

 

 

ツッコミが入る前に気が付いてヨカッタ  〜-t(^o^)oO






1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ