2021/10/4  9:42

三式戦闘機 飛燕 丙型  飛行機模型

 

三式戦闘機「飛燕」1/48  飛行機模型

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61飛燕(丙と丁)

         潟nセガワ 1/48

 

完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

戦隊長機と言われる機体が複数存在したようですし、時期によって塗りも変わった

といわれ、忙しかったので、だれも塗装のことなど気にしていなかったともいわれているので、

まぁ雰囲気的によしとします。  と言っても突っ込みどころが多そうなアイテムを

選んでしまいました。     やめときゃよかったかも(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
  

全面迷彩なのに、赤い尾翼はそのまま??という疑問がありましたが、赤く
塗ったのは斑の上から塗っているという説も・・・・

 

でもね。。左右対称な各種の塗装図やイラストなどは噴飯モノだわ・・・・・

タミヤやファインモールドではデカールとかステンシル等をリリースしているようですが、

それって迷彩パターンはどうなの??

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

「甲乙丙」型と「丁」型の第一風防三角窓の違いは、「丁」型にバージョンアップする際

に機首の200o延長主翼40o前進のほか色々なところが改修されており、それに

伴って、第一風防も小変更が行われている可能性は否定できないそうです。

潟nセガワが立体に起こすときに、ちょっと狂った??・・・・というほどに、通常は無視でき

るような差異で本来、見過ごされていてもいいようなものなのですが、「丙」型と「丁」型と

マスキングシートが別になっているので、気になっているということなのです。

 

それにしても、実戦部隊では10000mで機動するために、無線機や防弾、機銃や弾丸、

はては燃料まで減らしに減らして、軽くしようとしていたのに、丁型ではなんやかんやと250s

も重くしてしまう改良って・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

244戦隊の飛燕を計3機作りましたが、今回の落下増槽の色は新解釈です。 なんでも

白黒写真の反射波長をAIで分析した色だそうで、昔のカーキ色の水筒のような質感

と色になっていましたので、早速採用いたしました。    黄橙色の増槽は都市伝説???

そもそも、国内では増槽を落とした記録がないとかという記述もありました。

 

斑迷彩を手描きしたための、右手首の不調も回復しましたが、今度は小指が痛い・・・

 

 

1



2021/10/10  23:03

投稿者:nananiya72

TO しおちゃん様 毎度コメントありがとうございます。
最新情報というほどでもなく、昔から存在の知られていた244戦隊の
HPと渡辺洋二さんの文庫本がソースなのですが、読み方が悪いのか、
両者で微妙な差があったりします。 この辺はもう「沼」ですので、
そうそうに離脱したほうが良いと思いました。
というわけで、次作は考証の余地のない「丁」型にしています。

2021/10/9  18:55

投稿者:しおちゃん

こんばんは。

手描きお疲れさまでした。
記事を拝見して、なるほど最新事情はこんな風なんだなあと感じまし
た。まだまだあれこれいろんな情報が出てくるものなんですね。おか
げさまで初めて知ることがたくさんありました。お馴染みの飛燕とは
いえ奥が深くて、ほとんど迷宮のようであります。

2021/10/6  22:56

投稿者:nananiya72

Carolpapa 様 こんばんは、毎度コメントありがとうございます。
その場で仕上げたし手分けして塗ったろうし、その時使った刷毛も大きさ

違っていたりすると、担当部位でバラバラになりそうです。
塗料が足りない場合は3機分で5機塗ったりもしたそうですので、
プラモデルの場合どんなに塗ってもOKということになりますので、
有ったかも知れないし、無かったかも・・・・写真に残っている有名機
となると、そうもいかないので、今作はちょっと後悔しています。
左舷の迷彩を見ていますと、もっそっと縦基調で細かくすればよかった
と思っています。

2021/10/5  11:01

投稿者:carolpapa

244戦隊の飛燕完成おめでとうございます。
塗装にも色々あるということが解ったので、ますます飛燕を制作してみたく
なりました。斑迷彩も規定があったわけではなくその場で、仕上げたという
だけでも塗装が楽しくなります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ